広瀬八段、永瀬王座の全勝突破阻止!3勝目で自力残留 王将戦挑決L

広瀬八段、永瀬王座の全勝突破阻止!3勝目で自力残留 王将戦挑決L

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/22

◇第70期王将戦 挑戦者決定リーグ

No image

永瀬王座を破りリーグ戦残留を決めた広瀬八段

将棋の第70期王将戦7番勝負(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)で渡辺明王将(36)=名人、棋王含め3冠=の対戦相手を決める挑戦者決定リーグは20日、東京・将棋会館で一斉対局を行った。永瀬拓矢王座(28)が広瀬章人八段(33)に敗れ、豊島将之竜王(30)=叡王との2冠=が羽生善治九段(50)に勝利。永瀬と豊島が5勝1敗で並び、リーグ2年ぶりのプレーオフ(30日)が決まった。

前期挑戦者の広瀬は3勝3敗の指し分けに終わり、シード順の差により辛うじて残留を決めた。豊島戦では優勢の局面から持将棋に持ち込まれ、指し直し局でも逆転負けを喫するなど「3敗の中で2局は最終盤でこちらが間違えたので…」と無念の弁。「残留を自力で決められたのは来期に向けての自信になるというか…自信にしたいと思っています」と総括した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加