横浜商大・飯田3失点「中位から上位」スカウト評価

横浜商大・飯田3失点「中位から上位」スカウト評価

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/02/22
No image

横浜商大対ENEOS 先発し3回5安打3失点の横浜商大・飯田(撮影・古川真弥)

<オープン戦:ENEOS13-2横浜商大>◇22日◇ENEOSグラウンド

最速154キロ右腕の横浜商大・飯田琉斗投手(3年=向上)は真っすぐにこだわった。今年初オープン戦となった22日のENEOS戦に先発。「冬に取り組んだことが、社会人のトップチームにどれだけ通用するか」と挑んだ。

この日最速149キロの直球でファウルを稼いだ。3回5安打3失点も、2つの適時打はいずれも詰まった当たり。手応えは残った。4球団が視察。日本ハム坂本スカウトは「いい直球の比率を上げていければ、ドラフト中位から上位の器」と評価した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加