朝乃山が白星先行の3勝目「前に出て相撲が取れた」

朝乃山が白星先行の3勝目「前に出て相撲が取れた」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/01/14
No image

栃ノ心(左)を寄り切りで破る朝乃山(撮影・野上伸悟)

<大相撲初場所>◇5日目◇14日◇東京・両国国技館

大関朝乃山(26=高砂)が平幕の栃ノ心に快勝して、3勝2敗と白星を先行させた。

昨年の秋場所でも変化されただけに、相手の立ち合いは頭に入っていた。張って左に動かれたが、すぐに左を差し、右でおっつけて寄り切った。相手は怪力を誇る大関経験者。朝乃山は「胸を合わすと力で負ける。前に出て相撲が取れた。明日も自分の前に出る相撲を取っていきたい」と話した。

貴景勝と正代も勝って、今場所初めて3大関が安泰となった。両横綱が不在の場所。3大関には場所を引っ張る役割が求められるだけに「自分の相撲を取って、白星でお客さんに喜んでもらえればいい」と看板力士の自覚を示した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加