大谷亮平が浜田雅功に地元・吹田を案内『ごぶごぶ』

大谷亮平が浜田雅功に地元・吹田を案内『ごぶごぶ』

  • TVLIFE
  • 更新日:2022/01/14
No image

『生まれ故郷である吹田市で思い出の場所や味を浜田さんと一緒に散歩したい!』という大谷(写真左から 浜田雅功、大谷亮平)

1月18日(火)放送の『ごぶごぶ』(MBS/関西ローカル)では、大谷亮平が地元・吹田で里帰りロケ。青春を過ごした思い出の場所へ浜田雅功を案内する。

ダウンタウンの浜田雅功と“相方”、スタッフが、五分五分の立場でロケを行う本番組。今回の相方は、韓国で10年以上ものキャリアを築き、国内ではドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』で一躍ブレイクしたイケメン俳優・大谷亮平が登場。大谷の地元である大阪・吹田市で里帰りロケを行う。

オープニングは、吹田市にある山田駅前から。実は大のダウンタウンファンで、この状況が嬉しくてたまらない様子の大谷が今回、浜田とやりたいことは『生まれ故郷である吹田市で思い出の場所や味を浜田さんと一緒に散歩したい!』というもの。そこで大谷が高校卒業まで過ごした吹田で、青春時代の思い出が詰まったスポットを巡って行く。

No image

大谷の思い出が詰まった吹田のスポットを巡る(写真左から 大谷亮平、浜田雅功)

到着したのは、大谷が中学時代に通っていた“たこ焼き店”。当時はよくこの店のイカ焼きを食べていたという。大谷はそんな思い出の味のほか、たこ焼きや焼きそばも注文。しかしテイクアウト専門のたこ焼き店のため「これどこで食べてたん?」と問う浜田に、中学の時に実際に食べていた場所を訪ねる。そこは浜田も「まじか…」と絶句する“まさかの場所”。「嬉しいわぁ」と喜びを噛み締める大谷とは対照的に、浜田は「変やろ、なんで俺とお前がこんなとこで(笑)」と苦笑いを浮かべつつ、大谷の懐かしの味と秘密の場所を堪能する。

No image

大谷が中学時代に通っていた“たこ焼き店”へ(写真左から 大谷亮平、浜田雅功)

続いて向かったのは、麒麟・田村裕の著書『ホームレス中学生』で一躍有名になった公園。大谷も幼少期によく遊んでいたのだそう。野球好きの大谷はこの公園で浜田と「キャッチボールがしたい!」とのこと。数々の野球選手を見てきた浜田も唸る大谷のピッチングは必見だ。

No image

大谷が幼少期によく遊んでいた公園を訪問(写真左から 大谷亮平、浜田雅功)

さらに、ここで大谷から浜田にお願いがあるという。「あそこにちょっと…」と大谷が指さした先には、親子連れの後ろ姿が。なんとその親子連れは大谷の実姉と姪っ子・甥っ子。しかも大谷は何も伝えず一家を呼び出したらしく、浜田を見た大谷のお姉さんは大絶叫。また、1年ぶりに顔を合わせる姪っ子にメロメロの大谷は終始ニコニコで、デロデロに甘い声を出す。その普段のイメージとはかけ離れた大谷に浜田は大爆笑する。さらには、ある人物にもドッキリ電話を仕掛けることに。

番組情報

『ごぶごぶ』
MBS(関西ローカル)
2022年1月18日(火)後11・56~深0・53

この記事の写真

No image

©MBS

TV LIFE

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加