クーマンも怒ったヘタフェMFの暴言疑惑 バルサが訴える可能性も...

クーマンも怒ったヘタフェMFの暴言疑惑 バルサが訴える可能性も...

  • SPORT|スポルト
  • 更新日:2020/10/18
No image

ヘタフェ監督に暴言行為があったことを伝えるクーマン

FCバルセロナはロナルド・クーマン監督が、現地時間17日の夜に行われたラ・リーガ第6節で、対戦相手のヘタフェDFアラン・ニョムに侮辱的な暴言を浴びせられた件について、委員会へ訴える可能性があるようだ。

SPORTのジャーナリスト、ラモン・フェンテスの見解によると、スペインサッカー連盟(RFEF)の規律規定では、“暴力、人種差別、外国人差別”などの言動があった場合、どのクラブでもこのような件で異議を唱えることが可能である。

この制裁は最低でも1試合から始まり、深刻さによっては3試合、1ヶ月にも及ぶ可能性があるようだ。

オランダ指揮官は試合後の記者会見で、「ニョムは私に敬意を欠いた。このことを受け入れることはできない。非常に醜いものだった」と明かしていた。

また、試合直後にはヘタフェのホセ・ボルダラス監督へも選手に注意するように訴えていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加