オリックス・宗 16試合連続安打となる先制弾「ホームランになってくれてよかった」

オリックス・宗 16試合連続安打となる先制弾「ホームランになってくれてよかった」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/06/10

◇交流戦 オリックス―巨人(2021年6月9日 京セラD)

No image

<オ・巨(2)> 初回1死、先制の本塁打を放ち、ガッツポーズをする宗 (撮影・平嶋 理子)

オリックス・宗が「2番・三塁」で先発出場し、先制5号ソロを放った。初回1死無走者。サンチェスの初球、内角146キロカットボールを強振し、右翼席へ豪快に放り込んだ。

宗は「感触も悪くなかったですし、ホームランになってくれてよかったです! いい先制点になってくれたと思います」とコメントした。

この一発で、宗は16試合連続安打となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加