野呂佳代、緊急婚約会見“記者たった5人”だった理由 中居正広から愛あるいじり

野呂佳代、緊急婚約会見“記者たった5人”だった理由 中居正広から愛あるいじり

  • モデルプレス
  • 更新日:2020/11/20

【モデルプレス=2020/11/20】19日放送のTBS系バラエティー番組「中居大輔と本田翼と夜な夜なラブ子さん」(よる11時56分~)では、前日の特番で生放送されたタレントの野呂佳代の婚約発表会見の、放送終了後の様子を放送。野呂への愛ある「ローカル」ないじりが明かされた。

No image

(写真 : 野呂佳代(C)モデルプレス)

【写真】野呂佳代、お相手は「見たこともないイカツさ」

◆地元「板橋」をネタに、記者を巻き込んだいじり連発

18日に放送されたゴールデンSPで、ディレクターの男性との婚約を発表した野呂。プロポーズの言葉は「お待たせしました。結婚してください」だったことを明かし、幸せそうな様子だったが、この日の番組ではその後続いた記者会見の様子を放送した。

記者が手を上げて質問する形式だったが、「いたばしTimesの○○と申します」「板橋経済新聞の…」と座っていた記者5人のほとんどが、野呂の出身地、板橋のマスメディア。以前から野呂への「いじり」が定番の中居正広が、わざと「板橋…何ですか?」と記者に何度もメディア名を繰り返してもらったりと、地元「板橋」の連呼に野呂が大爆笑することとなった。

◆記者“たった5人”に衝撃

交際時も板橋区にあるイオンでお忍びデートしていたことや、今後は旦那さんを幼少期を過ごした地元のダイエーにつれていきたいと語るなど、記者まで巻き込んだローカルいじりに真剣に答えた野呂。「『板橋区(出身芸能人の)会』がいつか開けたら…」とも口にした。

一方、板橋のメディア中心に集まったマスコミがたった5人だったことについては「びっくりしました、ほんとに、開けたときにこっち(中居ら)を見て『わ!』っておもって、ふって(記者席を見たら)すっからかんじゃない…」とかなりの驚きがあったことを中居に訴える場面もあった。(modelpress編集部)

情報:TBS

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加