第250回:カーマニア、「アフィーラ」に物申す[カーマニア人間国宝への道]

第250回:カーマニア、「アフィーラ」に物申す[カーマニア人間国宝への道]

  • webCG
  • 更新日:2023/01/25
No image

この記事の画像を見る

レベル4の完全自動運転は目指さない?

ソニーとホンダが共同で設立したソニー・ホンダモビリティ。基本的にはソニー主導で、ホンダがそれをサポートする電気自動車(EV)のプロジェクトらしい。新しいEVのブランド名は「AFEELA(アフィーラ)」と発表された。

ソニーとホンダという黄金の組み合わせに、経済の専門家からは「期待が高まりますね」といった声が聞かれるが、古典的カーマニアの考えは違う。プレゼンの内容を聞けば聞くほど、「?」しか思い浮かばなかった。

アフィーラのブランド名を冠して販売されるEVは、自動運転に関してはレベル3を目指すが、ホンダはすでに「レジェンド」の「ホンダセンシングエリート」で、レベル3をやっている。アフィーラではそれをもっと発展させるのでしょうけど、レベル3じゃ特段のアドバンテージはない。

カーマニア的には、レベル3の自動運転そのものに、あまり魅力を感じない。レベル3は結局、自動車専用道路のみの運用にならざるを得ないが、高速道路の運転は、もともとラクチンかつ快適なもの。レベル2のACCがあれば鬼に金棒で、渋滞も怖くなくなる。それをさらに多少ラクチンにしてくれても、そんなにうれしくはないのだ。

レベル4の完全自動運転まで実現すれば革命が起きるけど、歩行者や自転車が混在する一般道でレベル4を実現するのは、想像を絶するほどハードルが高く、アフィーラはそもそもそれを目指していないようだ。ソニーだけに、プレステの『グランツーリスモ』で蓄積したデータを活用するのではという意見もあるが、『グランツーリスモ』には歩行者や自転車は出てこないよね? 20年以上やってないですが……。

車内でプレステし放題?

ECUにはクアルコム製のブツを採用し、1秒間に800兆回の計算処理をこなすという。テスラが採用しているECUの5倍以上だが、アフィーラによるEVの発売は2026年の予定。その頃にはテスラもそれくらいになってるかもしれない。そもそもクアルコム製でソニー製じゃない。いずれにせよ自動運転レベル3にとどまる限り、革命は起こせない。

クルマの前部に装備された「メディアバー」は、非常にレトロに感じる。そこに情報を表示して、周囲とコミュニケーションをとるということですが、つまり笑ったりシッポを振ったり、アイボみたいになるってことだろうか? 私はそういうクルマには昔から賛成なのですが、なら素直に眉毛やシッポをつけて動かしたらどうだろう(真剣です)。グリルに小さい文字を表示されても、われら中高年には読み取れない。

航続距離など走りに関しては何も発表がなかったので、そこには特別な目標はないようだ。ソニーはEV用バッテリーもつくっていないし、何もできないので、すべてホンダにおまかせか。

一番力を入れているのは、車内のエンターテインメント性を高めること。リアルとバーチャルの世界を融合していくことで、移動空間をエンターテインメント空間、感動空間へと拡張する。

「ソニー」と「エンタメ」という単語からシンプルに連想するのは、「車内でソニーの映画が見放題」「プレステもプレイし放題」なんて感じだけど、それなら「N-BOX」の車内にスマホを持ち込めばだいたい済んじゃわないか? 大画面にしたければタブレットにすればいい。持つ手が疲れるならスタンドを付ければいい。個人的には、車内で映画やゲームを楽しむ趣味は皆無ですが。

EV界ではテスラだけが貴族

ソニーの真意はまだわからないけれど、いまわかっている情報から推測すると、「ソニーはクルマのことをまったくわかってない」という結論になる。

クルマは基本的に走るだけの単純な機械で、あとは付け足しでしかない。走ることが何よりも重要であって、EVでもそれは同じ。いや、EVではICE車以上に重要だ。

テスラがEVで世界一に成り上がれたのは、EVに何が必要かを真剣に考えたからだろう。その答えが、「テスラスーパーチャージャー」による独自の高性能充電ネットワークの構築だ。おかげでテスラ車はEVとして唯一、ガソリン車にそれほど劣らない利便性を実現し、テスラを買った者しか味わえない超高速充電というある種のエンタメも実現した。他社のEVはこの点ですべて周回遅れだ。EV界ではテスラだけが貴族で、あとはほぼ全部、自前の専用充電ネットワークを持たない庶民なのだから。

EVにはまだ充電という大問題が横たわっている。それをスルーしてアプリのエンタメ性で勝負しても、惨敗は目に見えている。

EV「ホンダe」は、航続可能距離に対する価格の高さでグローバル的にも惨敗しているが、このままだとアフィーラのEVは、それ以上の惨敗を喫するだろう。ソニーが何か革命的な隠し玉を用意していることを祈るしかない。

それともアフィーラは、ソニーとホンダの趣味、道楽なのだろうか。利益は目指さず、EVで面白い実験ができればそれでいいのだろうか? それならそれでぜんぜんいいのですが。世の中、無駄も絶対必要ですからね!

(文=清水草一/写真=清水草一、池之平昌信/編集=櫻井健一)

この記事の画像を見る

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加