レムデシビル「承認見直す必要なし」 加藤官房長官

  • テレ朝news
  • 更新日:2020/11/24

WHO(世界保健機関)が新型コロナウイルスの治療薬「レムデシビル」の使用は勧められないと発表したことに対し、加藤官房長官は承認を見直す必要はないとの認識を示しました。

加藤官房長官:「(WHOの指針は)全体的にエビデンスが不足しているなかで、確証がないなかで出されたものと記述がある」
WHOは20日、国際的な臨床試験の分析結果を発表し、レムデシビルについて「死亡率の低下につながる効果はなく、使用を勧めない」と結論付けています。これに対し、加藤長官は「レムデシビルの効果がないとまでは証明されていない」と述べ、今年5月に厚生労働省が行った承認を見直さない考えを示しました。

官房長官、拉致解決へ決意「一刻の猶予もない」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加