NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
中国中部豪雨、約20万人避難

中国中部豪雨、約20万人避難

  • AFPBB News
  • 更新日:2021/07/21
No image

中国・河南省鄭州市で、冠水した道路を歩く人(2021年7月20日撮影)。

【AFP=時事】(更新)中国中部・河南省鄭州市当局は21日、豪雨による洪水で20万人近くが避難したと発表した。同省では各地で記録的な豪雨に見舞われた。

市は、「7月21日午前7時(日本時間同8時)時点で、20万人近くが緊急避難し、3万6000人に影響が出た」としている。

国営メディアは21日朝、習近平国家主席が、状況は「極めて厳しく」、洪水対策レベルは「重大段階」に入ったと述べたと報じた。

鄭州市当局は中国版ツイッターの微博(ウェイボー)に、地下鉄が水没し12人が死亡、5人が負傷、数百人が救助されたと投稿した。

ソーシャルメディアには、電車内で瞬く間に水位が上昇し、ぼうぜんとする乗客の写真が投稿された。現地メディアによると、救助隊員らは車両の屋根を切り取り、乗客を引き上げた。

21日になり、被害の規模が徐々に明らかになっている。

人民解放軍の地域部隊は20日、絶え間なく続いた豪雨により、人口約700万人の洛陽市にある伊何灘堤防が20メートルにわたり損害を受けており、決壊する恐れがあると明らかにした。軍の中部戦区は、緊急対応にあたらせるために兵士を派遣したという。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加