フェザー級王者丸田陽七太「自分のボクシングをすればいい」V2戦&2本目ベルトへ計量パス

フェザー級王者丸田陽七太「自分のボクシングをすればいい」V2戦&2本目ベルトへ計量パス

  • 日刊スポーツ(バトル)
  • 更新日:2022/05/14
No image

日本、WBOアジア・パシフィック・フェザー級タイトルマッチに向けて計量パスした日本王者丸田(左)と挑戦者の同級1位阿部

プロボクシング日本フェザー級王者丸田陽七太(25=森岡)がV2防衛成功と2冠目を狙う。

15日、東京・墨田区総合体育館でWBOアジア・パシフィック同級王座決定戦も兼ねた日本同級1位阿部麗也(29=KG大和)との2度目の防衛戦を控える。14日には都内で前日計量に臨み、リミット(57・1キロ)よりも300グラム少ない56・8キロでクリア。阿部は57・0キロでパスした。勝てば2冠王者となる丸田は「自分のボクシングをすればいい。力まず、1発狙いになりすぎず、本来のボクシングをしたい」と平常心を貫いた。

支援者から届いた高知県のかつお「竜馬のたたき」を2週間前に口にしたとし「おいしかったですね。体重調整でもみなさんに協力していただいている」と感謝。メインを務める興行DANGAN250大会はABEMA格闘チャンネルで生配信開始され、240人ほどの応援も会場に駆けつける予定で「丸田陽七太がボクシングを楽しんでくださっている姿を見に来てくれると思う。自分も楽しみたい」とリラックスした表情を浮かべた。

一方、3度目のタイトル挑戦となる阿部はボクシング専門サイトなどによる戦前予想が4対6、あるいは3対7と劣勢であることを明かし「予想が不利なのが燃える。周囲の期待を覆し、丸(田)ちゃんには負けてもらう。阿部政権にします。阿部劇場をみせたい」と気合十分だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加