マンUがソン・フンミンへ侮辱発言のファン6名の“出禁”を発表!誹謗中傷が350%増加、衝撃の調査結果も報告

マンUがソン・フンミンへ侮辱発言のファン6名の“出禁”を発表!誹謗中傷が350%増加、衝撃の調査結果も報告

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/05/01
No image

ユナイテッドはこのソン・フンミンへ侮辱発言を行なった自軍のファンに対し、制裁を発表した。(C)Getty Images

マンチェスター・ユナイテッドは現地時間4月30日、トッテナムのソン・フンミンをソーシャルメディア上で侮辱したとされるファンに対し、制裁を発表。シーズンチケットホルダー3名、オフィシャルメンバー2名、シーズンチケットのキャンセル待ち1名、計6名に入場禁止処分を科すとしている。

事の発端は、今月11日に敵地トッテナム・ホットスパー・スタジアムで対戦した際の33分のプレーだった。ソン・フンミンがユナイテッドMFスコット・マクトミネイからボールを奪おうとした際、マクトミネイの振り払った手が、顔面に直撃。はたかれるような形となり、ピッチへ倒れ込んだ。

そのままプレーは続行され、ポール・ポグバからラストパスを受けたエディソン・カバーニがゴールネットを揺らした。だが、ここでVARが介入。マクトミネイの行為はファウルとなり、ゴールは取り消しになったのだ。

【動画】マクトミネイの手が顔面に直撃…物議を醸したソン・フンミンの倒れ込みシーン(1分15秒~)
これに対し、ユナイテッドのオレ・グンナー・スールシャール監督や複数の有識者が、「ソンはオーバーリアクションだ」など批判すると、一部のユナイテッド・ファンが暴走。韓国代表FWを標的にした人種差別的な発言がSNSに殺到する事態となっていた。今回はそのうちの6人が処分されたかたちだ。

また、クラブは同時に2019年9月から2021年2月までの期間で行なったTwitter、Instagram、Facebook上での誹謗中傷に関する独自の調査結果も報告。2019年2月以降、同クラブの選手に向けられた誹謗中傷は350%増加しており、報告期間中のその投稿数は3300件、うち86%は人種差別的なものだという。

ユナイテッドは現在、他のプレミアクラブなどと共に、SNSのボイコットを実施中。悪質行為には厳格な態度で「NO」を突き付けている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加