小学生が伝統和紙で卒業証書を手作り! 3月の卒業式で授与 「最初は緊張したけど頑張って作れた」岡山・新見市

小学生が伝統和紙で卒業証書を手作り! 3月の卒業式で授与 「最初は緊張したけど頑張って作れた」岡山・新見市

  • KSB瀬戸内海放送
  • 更新日:2023/01/27

岡山県新見市の神代小学校の5・6年生が、鎌倉時代から地元に伝わるとされる「神代和紙」について学びました。

【写真】伝統的な和紙作りに挑戦する、神代小学校の子どもたち

子どもたちは、保存会のメンバーから原料を加工する工程などを教わった後、紙すきを体験しました。

凍てつく寒さの中、和紙の原料となるコウゾやミツマタの繊維が入った水に手を入れ、「簀桁(すげた)」という道具を前後左右に揺らしながら、紙をすいていきます。

この小学校では、6年生が神代和紙で卒業証書を手作りするのが恒例となっています。3月の卒業式で授与されるということです。

(参加した児童は―)
「卒業の時に使うものだから最初は緊張したけど、頑張って作れたのでうれしかったです」

KSB瀬戸内海放送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加