今田美桜、日曜劇場『ラストマン』出演へ 「緊張感を持ちながら頑張りたいです!」

今田美桜、日曜劇場『ラストマン』出演へ 「緊張感を持ちながら頑張りたいです!」

  • Real Sound
  • 更新日:2023/03/19
No image

今田美桜『ラストマン-全盲の捜査官-』©︎TBS

4月23日より放送がスタートする福山雅治主演のTBS日曜劇場『ラストマン-全盲の捜査官-』に今田美桜が出演することが決定した。

【写真】『半沢直樹』出演時の今田美桜

本作は、全盲の人たらしFBI捜査官と犯人逮捕のためには手段を選ばない孤高の刑事が凸凹バディを組んで難事件に挑んでいく新時代のバディドラマ。2019年の日曜劇場『グランメゾン東京』(TBS系)や2021年の日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(TBS系)、2022年の日曜劇場『マイファミリー』(TBS系)などの黒岩勉が脚本を担当。主演の福山がアメリカから期間限定で交換留学生として来日したFBI(アメリカ連邦捜査局)特別捜査官・皆実広見役で福山が主演を務め、皆実のアテンドを命じられた警察庁人材交流企画室の室長・護道心太朗役を大泉洋が演じる。また、無敵のバディを支える最強チームメイトの1人である女性警部補・佐久良円花役として吉田羊、心太朗の父・護道清二役で寺尾聰の出演が決定している。

今田は2020年4月期放送の日曜劇場『半沢直樹』への出演以来、3年ぶりに日曜劇場に登場する。本作で演じるのは、2009年に警視庁刑事部に設置された捜査分析センター(SSBC)の分析官・吾妻ゆうき。PCを駆使して捜査を全面的にバックアップする。吾妻はある理由から以前より皆実のことを知っており、捜査の力になりたいと自ら手を挙げる。捜査一課の面々から冷遇されている皆実の唯一の味方である吾妻は、過去どのように皆実を知ったのか、2人の関係性にも注目だ。

■コメント
・今田美桜(吾妻ゆうき役)

これまで刑事役は演じたことがありましたが、全盲の捜査官をお手伝いするというのは初めてです。私が演じる吾妻ゆうきは、捜査分析センターの職員。とあることがキッカケで、皆実さんのために頑張りたいという向上心がある子です。私も演じながら一緒に頑張っていけたらと思っています。台本は読んでいて爽快感もあり、ハラハラドキドキもして演じている私自身もその先の展開が楽しみです。そして、みなさんと同じように福山さんと大泉さんのバディもすごく楽しみで、私はその近くで支えていく役柄なので、お2人の中にどう交わっていけるのか楽しみにしていますし、なにかスパイスになれたらいいなと思っております。
私自身としては、日曜劇場が久しぶりなので緊張感を持ちながら頑張りたいです!

・編成プロデュース・東仲恵吾

今田美桜さんに演じていただく吾妻は、福山雅治さん演じる皆実の仲間になることを誰よりも最初に希望する人です。そんな役はどんな性格がいいかと考えたときに、ものすごく透明感があって、綺麗な心で、かといって世間知らずではなく色々な不条理にも耐えて、芯の強さを持った儚くも強い人にしたいと思いました。今田さんは、そんな儚さと強さ、そして透明感を持っている人だと感じて今回オファーしました。すでに撮影は始まっておりますが、今田さんは想像していた以上に複雑な感情を演じてくださっています。ぜひご期待ください。

(リアルサウンド編集部)

リアルサウンド映画部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加