リオ五輪レスリング銀、太田忍が格闘家転向 大みそか「RIZIN.26」で所英男とデビュー戦

リオ五輪レスリング銀、太田忍が格闘家転向 大みそか「RIZIN.26」で所英男とデビュー戦

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/22

◇RIZIN.25(2020年11月21日 大阪城ホール)

No image

<RIZIN.25>総合格闘家への転向を表明し、デビュー戦で所英男(右)と戦うことが発表された太田忍(C)RIZIN FF

リオ五輪の男子レスリンググレコローマン59キロ級で銀メダルを獲得した太田忍(26)が「RIZIN.25」に来場。総合格闘家への転向を表明し、大みそかの「RIZIN.26」(さいたまスーパーアリーナ)で所英男(33=フリー)とデビュー戦を戦うことが発表された。「所さんは小さい時から見てて、好きな選手。ただ、試合は別。勝つための準備をしたい」。リングで決意を明かした太田は、すでに総合の練習をスタート。同五輪で16年ぶりとなる男子グレコのベルトを奪取した「忍者レスラー」がプロ格闘家の一歩目を踏み出す。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加