ポーランド競泳6選手、連盟のミスで帰国 東京五輪

ポーランド競泳6選手、連盟のミスで帰国 東京五輪

  • AFPBB News
  • 更新日:2021/07/20

東京五輪・選手村の空撮写真(2021年7月19日撮影)。

【AFP=時事】東京五輪に出場するため来日していたポーランドの競泳選手6人が、同国水泳連盟の管理ミスにより、開幕前に帰国を余儀なくされていたことが分かった。 連盟が選手を多く派遣しすぎていたことが原因で、18日に母国に戻った選手たちは法的措置の構えを見せ、連盟責任者の辞任を求めている。 東京五輪に向けて23選手を派遣していたPZPのパベウ

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加