「女子生徒のスカート着用義務」は違憲、米連邦裁判所が判決

「女子生徒のスカート着用義務」は違憲、米連邦裁判所が判決

  • カラパイア
  • 更新日:2022/06/23
No image

多様化が進む今、形骸化した学校生徒の服装規定についても見直しが進められている。

アメリカのノースカロライナ州にある私立学校では、男子はズボン、女子はスカート着用が義務付けられていたが、2015年、3人の女子生徒らが発端となり「スカート着用義務の廃止」を求め、保護者と共に訴えを起こしていた。

2019年、地方裁判所で「憲法に規定された平等の保護に違反する」と認められたものの、去年8月の控訴裁判所では票が集まらず、再度裁判が行われることに。

そしてこの度、連邦控訴裁判所で、スカート着用義務の校則は違憲に当たると新たに判決が下された。

【他の記事を見る】「男もスカートをはいて学校に行こう!」性差別撲滅キャンペーンで男子生徒数百人がスカートで登校(フランス)

女子生徒のスカート着用義務を巡っての争い

ノースカロライナ州リーランド市にある私立学校「チャーター・デイ・スクール」は、伝統的価値観として“騎士道”を維持することを目的としており、学校創設者のベイカー・ミッチェル氏は「女子生徒のスカート着用義務は、男性が女性を敬い守るべきか弱き者としてみなす行動規範を表現している」と主張してきた。

これに対し2016年、当時8年生(14歳)だった3人の女子生徒は嘆願書を集め、保護者と共に「短パンやズボン着用を禁止した服装規定は性差別」と、スカート着用義務を学校側に廃止するよう訴えを起こした。

彼女たちは訴えの中で、「この服装規定によって、娘たちは冬には寒く感じる他、授業中は足の位置に常に注意を払うことを余儀なくされ、学習への集中を妨げる」「休憩中にスポーツをするなどの特定の活動ができなくなる」と述べた。

2019年、地方裁判所は学校が憲法修正第14条の平等保護条項に違反していると認定したが、去年8月の控訴裁判所での判決は票が取れず、却下となった。

しかし今回、6月14日連邦控訴裁判所は10対6票で、「女子生徒へのスカート着用の義務付けは、憲法上の権利を侵害する“違憲”にあたる」という判決を下した。

No image

photo by iStock

スカート着用義務は平等の保護に違反する、と裁判所

今回、「学校の伝統的価値観の決めつけは、男性と比較して女性が不利な立場に置かれ、不平等な待遇を受けることになる」と異議を唱えていた女子生徒たちを勝利に導いた裁判所は、次のように述べている。

女子はか弱く、男子による保護が必要であり、男子学生とは異なる扱いを保証するという明確な目的で、スカート着用の義務を学校側は課していましたが、この決定は憲法に規定された「平等の保護」に反しています。

また、原告となった親の1人は、このように勝訴の喜びを口にした。

これまで、娘たちはスカート着用義務によって、学校活動に参加する能力も制限されていました。

でもこれからは、女子が男子と同等の条件で学び、動き、遊ぶことができるようになり、嬉しく思います。

2022年にもなって、女性は我慢して不快なものを着ることや服装規定による指導を受けることに悩むべきではないのです。

References:N.C. school's skirt policy for girls struck down by court - The Washington Post/ written by Scarlet / edited by /parumo

・あわせて読みたい→男子はスカート、女子はネクタイ。1年に一度男女の服装が逆転するメキシコの高校

動画・画像が表示されていないときはこちらから

パルモ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加