レノボ、インテル Evo プラットフォーム搭載の「Yoga Slim 950i」発表

レノボ、インテル Evo プラットフォーム搭載の「Yoga Slim 950i」発表

  • ASCII.jp
  • 更新日:2021/01/13
No image

レノボ・ジャパンは1月13日、ウルトラスリムノートPC「Yoga Slim」シリーズのフラッグシップモデル「Yoga Slim 950i」を発表した。価格は25万2780円で、1月15日から販売を開始する。

Yoga Slim 950iは、アルミ製CNC機械加工シャーシに本革仕様のカバーを施し、インテル Evo プラットフォームを搭載するYoga Slimシリーズのフラッグシップモデル。

No image

ディスプレーは14型でマルチタッチにも対応し、スマホやタブレットライクな操作も可能だ。Dolby Visionや100% sRGB、DisplayHDR 400をサポートするほか、高輝度500nit、ブルーライト低減機能も搭載する。

本体側面にはプライバシーシャッターを装備し、ウェブカメラを物理的にオン/オフできる。さらに、電源が入ると反応するスマートセンスタッチパッドを備える。そのほか、Dolby AtomsやWi-Fi 6に対応し、持ち運びにも便利なスリムACアダプターも同梱する。

主なスペックは、CPUがCore i7-1165G7、メモリーが16GB、ストレージが1TB SSD(M.2/NVMe)。インターフェースとしてThunderbolt 4×3、マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャックを装備する。バッテリー駆動時間は最大約18.7時間。

本体サイズ(最薄部)/重さは、およそ幅約318×奥行き200.7×高さ13.9mm/およそ1.31kg。

■関連サイト

製品ページ

レノボ・ジャパン

ASCII

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加