年齢なんて気にしない!「年下の男性」と上手く付き合っていくためのコツって?

年齢なんて気にしない!「年下の男性」と上手く付き合っていくためのコツって?

  • ハウコレ
  • 更新日:2021/05/03
No image

今まで年上の男性や同い年の男性とは付き合った経験があるものの、年下の男性と付き合ったことのない方も、多いのではないでしょうか。年下の男性と付き合うと、同い年や年上の男性とはまた違って、どう付き合っていけばいいのか分からない方も多いでしょう。

年下と付き合うことに不安を抱えている方も、いるのではないでしょうか。年下だからといって、変に気を張る必要もありません。

今回は、年下の男性と上手く付き合っていくためのコツについてご紹介していきます。

年上感を出すために頑張りすぎない

年上だからしっかりしなくてはいけない、などと考えて気を張っている方も多いのではないでしょうか。自分のほうが、年齢が上だからといって、頑張りすぎてしまってはいけません。男性は年の差を気にしないことも多いので、自分だけ気にしている可能性もあります。

「年上の女性に姉後肌を求めている」などということもなければ、奢ってもらうことに期待していることもありません。年上の彼女だからといって、頑張りすぎてしまうと、自分が疲れるだけになってしまいます。

女性から見ると、年上の彼氏は年上だというメリットを求めて付き合うことも多くあります。年上だから、経済的にも安定している、年上だから落ち着いているなど、考えている方も多くいますが、男性の場合は、年上の彼女だからということはないようです。

母親のような目線にならない

年下の彼氏がいくら可愛いからといって、母親のような目線にならないように気を付けてください。「可愛い」と「イケメン」が混ざっていると、どうしても「可愛い」という感情が出てきてしまい、何をしても可愛く見えますよね。

彼氏を甘やかしていると、いずれダメ男にしてしまうだけです。可愛いと感じることも確かに多いと思いますが、あえて口には出さず、彼氏のことを子どものように考えないことが大事です。

年下の彼氏とはいえ、大好きな彼女から子供扱いをされると、「男」として見られてないような気がしてしまうので、うんざりしてしまいます。子どものように扱わず、しっかりと1人の男としてみるようにしましょう。

頼って甘える

男性は女性に頼りにされたいと考えているので、年上の彼女であっても、頼ってほしいようです。年上の彼女だからといって、常に彼のことを甘やかす必要はありません。

年下であろうが、自分が甘えたい時や、頼りにしているときは、年齢差を気にせずに自分の心に素直に甘えるようにしましょう。

年齢を気にすることなく付き合う

年上だからとか、年下なのになど、年齢のことを気にせずに付き合うようにしてみると、良いのかもしれません。年下だからといって、年下のような扱いもせずに、年上だからといって、「おばさんだから」のような会話もいりません。

実年齢は気にしなくてもいいようです。年上だとしても、子どものような考え方をしている方もいて、年下でも大の大人顔負けの考え方をしている方はいます。年齢を気にしていると、楽しめない状況になるので、気をつけましょう。

まとめ

年下とはいえ、年下ということを気にせずに、1人の男性として接していると、気になるようなケンカもないはずなので、仲良く付き合っていけるはずです。

(ハウコレ編集部)

ハウコレ編集部.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加