嵐「アラフェス2020」無観客&配信での開催を発表 「ファン、スタッフの安全を守るため」

嵐「アラフェス2020」無観客&配信での開催を発表 「ファン、スタッフの安全を守るため」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/09/16

新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となっていた、嵐のライブ「アラフェス 2020 at 国立競技場」が無観客での配信で行われることが分かった。15日、ファンクラブ会員向けの動画で発表した。同イベントは今年5月15、16日に東京・国立競技場で開催予定だったが、4月に延期が発表されていた。配信日時などの詳細は今後発表される。

No image

21年目のグループ結成記念日となった15日に公開されたファンクラブ会員向けの動画には、嵐の5人が登場。松本潤(37)が「アラフェス」に言及し、「新型コロナウイルス感染拡大防止のため、そして何よりファンの皆さま、そしてスタッフの安全を守るために、無観客での配信という形で実施させていただくことになりました」と発表した。松本は「直接会えないというのは非常に残念」としながらも「ファンクラブ会員の皆様が全員同じような状況で見られる形になったという風にもとらえております」と前向きに語り、「みんなの安全を確保しつつ楽しい思い出に出来たらというふうに思っています」と続けた。

櫻井翔(38)も「今の形の国立競技場では初めてだからね、どういうライブになるのかというのは楽しみにしていただきたい」とファンにメッセージ。16日からは「アラフェス2020」オリジナルグッズをオンラインで発売することも発表され、櫻井は「どんなものがあるのか楽しみ」、二宮和也(37)も「めちゃくちゃ温まってるから」と話した。

また、11月3日に17枚目のオリジナルアルバム「This is 嵐」を発売することも発表。大野智(39)は「アラフェスのリハーサルと並行して、こちらの制作も着々と進んでいるので楽しみにしていてください」とメッセージ。アルバム制作は3年ぶりとなり、相葉雅紀(37)は「今ね、久々に忙しいもん」と充実感を漂わせていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加