奥渋のオシャレ女子会なら、ここで決まり!“大人のご馳走”感がたまらない人気店

奥渋のオシャレ女子会なら、ここで決まり!“大人のご馳走”感がたまらない人気店

  • 東京カレンダー
  • 更新日:2021/07/28

開店と同時に、席が続々と埋まっていく。店内を見れば、オシャレ女子達がイタリアンを愉しみつつ語り合っている。

そんな“奥渋”の美女率を急増させているのが、昨秋オープンした『CHOW CHOW』だ。

※緊急事態宣言中の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。

ピンク色の断面には悶絶!このビジュアルに高揚しないわけがない

No image

「国産牛のハツパッチョ」1,600円。ゲストの8割がオーダーするという不動の人気メニュー。丁寧に下処理したハツを約1~2時間かけて低温調理。サクサク感とレア感を同時に味わえるひと皿だ。

「美味しい、に正直な方が楽しいじゃないですか」と、料理長を務める荒井清成さん。

その意を象徴するのが、店の看板メニュー「国産牛のハツパッチョ」。肉のピンクの断面を艶々と輝かせる正体は当然、オリーブオイル…と思うだろう。

だが鼻腔をくすぐる香ばしさの正体は、なんとごま油!添えられているのは山わさびだという。

さらにレモンやイタリアンパセリの清涼感が加わると、何枚でも軽々いけてしまう。

ダイナミックな見た目と、タレの甘い香りにそそられる

No image

「愛知県産 天然うなぎのマルサラ煮」3,200円。ブランデーを加えて造られた度数の高いマルサラワインは、シチリア島名物。仕上げは煮詰めた“ツメ”にオリーブオイル、山椒を加えたソースをひとたらし

続く「愛知県産 天然うなぎのマルサラ煮」は、シチリア島で造られるマルサラワインのみを使って煮込まれたうなぎだ。

これがなんと、蒲焼を彷彿させる味わい。喉の奥の華やかな香りだけが、ワインの片鱗をのぞかせる。

No image

カウンター席の頭上にずらりと並ぶ世界各国のナチュールワイン。奥にセラーがあり、常時100種以上が揃う。

No image

ロゴデザインほか、店内のアートがカジュアルな雰囲気に貢献。すべて気鋭のアーティスト、ナイジェル・グラフ氏が手がけたもの

本能の赴くまま、意外性に驚きながら舌鼓を打つ時間は思いのほか愉しく、ここでは何を食べても感動必至。

映えるイタリアンで、オシャレに女子会したい。そんな日に重宝すること間違いなしだ!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加