空き家を守り続けた犬。「自分の死後」を整えるのも飼い主の愛情と責任

空き家を守り続けた犬。「自分の死後」を整えるのも飼い主の愛情と責任

  • わんちゃんホンポ
  • 更新日:2021/04/10
No image

空き家に執着していた犬

通報・発見

飼い主の死亡後、1年近く空き家となった家の敷地内にとどまっている犬の保護依頼を受け、ロスアンジェルスの保護団体HOPE FOR PAWSが出動しました。連絡をくれた人が、これまで食べ物を与えていたのかもしれません。

家はすでに人手に渡り、引き渡しの前に犬を敷地から「退去」させなければならないという、切実な状況がありました。

犬は盛んに吠えて番犬の役割を果たしているようですが、もう君の元の飼い主はいないんだよ、ここは空き家なんだよ…。

食べ物を投げ与えても吠え続けます。番をするというより、怖がっているのでしょう。

No image

出典:https://www.youtube.com

保護

犬を無駄に怖がらせないように、ケージトラップを使うことにしました。

車で待つこと40分、ついにケージのフタが落ちる音がして急いで確認に行くと、犬はケージの中で興奮して動き回っていました。

No image

出典:https://www.youtube.com

ケージをタオルで覆って車に運び入れました。この時点であきらめたのか、恐怖で固まっているのか、静かです。

新しく「マジック」という名前をあげました。元の飼い主さんは何と呼んでいたのかわかりませんが、今日からはマジックとして新しい暮らしが始まります!

No image

出典:https://www.youtube.com

ケア

病院に到着してケージを開けると、緊張はしているものの布リードを受け入れてくれました。この子の中で、変化が始まっているのかもしれません。

No image

出典:https://www.youtube.com

まだへっぴり腰のマジック。それでも少しずつ「安心していいんだ」と感じてくれるでしょう。

No image

出典:https://www.youtube.com

体を洗われるのは、マジックにとってかなりハードルが高いはず。

これは泡だらけのマジックのお尻。シッポは完全に足の間に巻かれ、壁の方を向いてじっと耐えています。

No image

出典:https://www.youtube.com

それから

恐ろしかったシャンプーが終わり、タオルで体をふいてもらう頃には、マジックの表情がやわらかくなってきました。

その後、あんなにおびえて吠えていたマジックに比較的すんなりと里親さんが見つかったのです! そしてマジックは、驚くほどのびのびと遊んでいます!ボール遊びが好きだったのねえ。

振り返ってみれば、マジックは吠えてはいたけれど攻撃的に威嚇したり、牙をむくといった行動はいっさいありませんでした。

ただ怖くて「来ないで!」と訴えていたのですね。その恐怖心が収まって人を再び信頼できれば、この子はとても良い家庭犬だったのです。

大切な教訓は「飼い主である自分に万一のことがあった場合に、愛犬が路頭に迷わないよう事前に計画しておくこと」

考えてみて。あなたが突然姿を消して、取り残された愛犬はどうなってしまうでしょう?今からでも愛犬の暮らしをお任せできる人を探し、環境を整える準備をしておきましょう。1人暮らしはもちろん、たとえパートナーと2人共同で飼っていたとしてもです。

後回しにせず「今」すること。それも愛犬への愛情と責任ですね。

無計画に後に残されてしまったけれど、新しい家庭に迎え入れられた幸運なマジックを動画でご覧ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

■この記事を見た人はこんな記事も見ています!

虹の橋に逝く前にかつてお世話になった人の元へ現れた犬のお話

*********************

■わんちゃんホンポ

わんちゃんホンポは、ドッグオーナーさんとその愛犬自身の生活環境がより良く素敵なものになることを目指し、様々なおすすめ情報やツールを提供しています。

<ライター情報>
ひろこ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加