50万円の作品も即完売!台湾でも大人気の切り絵作家・大橋忍の「スゴ技」

50万円の作品も即完売!台湾でも大人気の切り絵作家・大橋忍の「スゴ技」

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2021/02/21
No image

切り絵/大橋忍 文/講談社エディトリアル

伝説の切り絵作家をご存知ですか

モノクロの切り絵の裏側から、彩色した色紙を貼るステンドグラスのような切り絵作品を制作する大橋忍さん。国内では何冊も切り絵の書籍を発売していて、いずれもベストセラーとなっています。

個展を開けばあっという間に完売。作品は1万円~50万円と幅がありますが、いまでは熱心なコレクターもいるそう。

その秘密は、どうやら「構図」と「色付け」にあるようです。

そんな大橋忍さんの「すごさ」を、著書『そのまま切れる♪ モチーフ30 ステンドグラス切り絵キット』に掲載されている作品とともに、ご紹介しましょう。

No image

ある朝目覚めたら、台湾で爆発的な人気者に

2020年夏、インスタグラムのフォロワーが一気に増えたことに気づいた大橋忍さん。
どうやら知らない間に自分の作品が台湾のサイトで紹介され、またたく間にフォロワーが増えていたそうです。今では、フォロワーの半分が台湾も含め、海外の方々だそうです。

No image

(c)Shinobu Ohashi

海外の人たちを驚かせたのは、その繊細な作品と切り絵に色づけしているという斬新さです。そんな繊細で美しい作品をどうやって作っているのか? という問い合わせも多く、時々インスタライブで作品の制作過程を公開しています。インスタライブでは台湾の視聴者が多く、覚えたての中国語で解説するライブも大人気!

No image

魔法のようなインスタライブは中国語も日本語も飛び交う人気ぶり。そしてできた作品がこちら! Shinobu Ohashi(@shinobu084)インスタグラムより

ヴァン クリーフ&アーペルのあのビジュアルも

海外では有名でも、自分は知らないな……という方もいるでしょうが、実は何気なく目にしている人もいるかもしれません。
彼女の作品はハイジュエリーブランドのヴァン クリーフ&アーペルの広告に何度か起用され、また、ネスレ日本株式会社や株式会社ファンケル、三省製薬株式会社など名だたる企業の広告にも採用されています。

また、2021年4月からNHKで放送予定のアニメ『不滅のあなたへ』(講談社)ではタイトルロゴなどの装飾も手掛けており、『のーぷろぶれむ家族』(講談社)では表紙の流れるような文字の制作を手掛けています。また、『テガミバチ』(集英社)の作家浅田弘幸先生とのコラボ作品などもあります。

No image

このカバーのタイトルデザインも担当 (c)大今良時/講談社

さらに音楽の世界でも活躍、宮下遊さんの3rdアルバム『錆付くまで』のタイトルロゴデザインもてがけています。
また、YouTubeでは人気声優の堀江一眞さん達とコラボした映像も公開されています。

大人気アニメ映画にも登場!

大橋さんの活躍はまだまだ止まりません。2018年9月に公開された大人気アニメの『劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~』では、ゲストキャラクターの切り絵作家として作品に参加、20作品ほど作品を提供し、映画の中でも作品を見ることができます。

No image

製作中の大橋さん

また、先の台湾での人気をうけて2020年の中華航空機内誌の『Dynasty』 に切り絵に関わる記事が掲載されるなど、日本のみならず世界での活躍もますます期待されます。NHKをはじめとしたテレビの取材も受け、ご紹介されているので、大橋忍さんの作品をテレビでご覧になったことのある方もいらっしゃるかもしれません。

No image

切り絵をネックレスにしたり飾ったり、アレンジはあなた次第! Photo by 伊藤泰寛/講談社

大橋さんのような切り絵、作りたい!!

これだけ活躍している彼女、作品の価格も年々あがっているそうで、今では小さな作品でも1万円前後します。コレクターの方もおり、何十作品とコレクションして、毎年価格が上がっていくのを楽しんでいる方もいるそうです。

No image

大橋さんの作品のコレクターも多い Photo by 伊藤泰寛/講談社

大橋忍さんのすごいところは、これだけ作品価値があがると、作品の販売のみに特化される方もいる中、自身の作品を、実際切り絵を作れるキットの書籍として提供することです。

下絵を写す手間がなく、しかもそのまま切れる書籍は今まであったのですが、紙質が切り絵用紙とちょっと違う……という意見もありました。『そのまま切れる♪ モチーフ30 ステンドグラス切り絵キット』は、本物の切り絵用紙に近い紙を採用、また色紙も和紙のような材質のものをセット。頑張れば、大橋さん作品に限りなく近い作品が作れるということになります。
表紙の作品も彼女オリジナルなら50万円の値がついてもおかしくないでしょう。

No image

カバーにも入っている大橋さんの切り絵。「切り絵」です! (c)Shinobu Ohashi

今まで多く出ていた切り絵の書籍は、作家さんの下絵を写さなければならないという手間があり、あまりにも細かくて写す時点で投げ出してしまう人もたくさんいました。さらに色づけるための彩色用紙も準備するとなると、切り絵に興味はあるけど無理! となることも。

その手間をカットして、切り絵そのものを楽しむことに集中すると、「達成感」も満喫できるはず。表紙の作品は、オリジナルだと今なら50万円の値がつくでしょう、とのことでしたから、50万円の作品を自分で作れちゃった! という満足感も得られそうです(もちろん実際の販売はできませんが)。ちなみに表紙の作品だけでなく、小さな花の作品などを含めて合計30作品をつくることができます。

いつの間にか海外で大人気になっている日本人切り絵作家がいる。その現実が同じ日本人として嬉しいもの。そんな大橋さんの人気の秘密を、彼女自身の作品を再現することで体感すると、自分の中の創造力の芽が、成長していくかもしれません。

そのまま切れる! モチーフ30 ステンドグラス切り絵キット』大橋忍さんの作品を30種類のモチーフが、切り絵製作キットとなってまとまっている。下絵写しは不要、紙も大橋さんが選ぶものに限りなく近い形に。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加