『銀河鉄道999』トークイベントにりんたろう監督が登壇、制作秘話を語った!

『銀河鉄道999』トークイベントにりんたろう監督が登壇、制作秘話を語った!

  • アニメージュプラス
  • 更新日:2022/01/15
No image

松本零士の漫画が原作で、アニメ史に残る名作としても名高い『銀河鉄道999』。

1979年に公開された劇場用長編アニメーション第1作目の劇場版『銀河鉄道999』と、1981年に公開された第2作目『さよなら銀河鉄道999 -アンドロメダ終着駅-』が、高輝度・高コントラストな映像を実現する最新鋭のHDR映像技術であるドルビービジョンによる「ドルビーシネマ」となって復活、全国7館の劇場での順次公開がスタートした。

公開初日となった1月14日(金)、丸の内ピカデリードルビーシネマにて公開を記念した「公開記念テイキング・オフ!イベント」が実施され、両作品の監督を務めたりんたろうが登壇、ドルビーシネマ版の見どころや、貴重な制作当時のエピソードが語られた。

No image

▲りんたろう監督(左)と聞き手を務めたアニメ評論家・藤津亮太(右)。

>>>【画像】劇場版『銀河鉄道999』場面カットほか関連画像(写真12点)

「はるか遠い昔、無我夢中で飛び乗った列車で銀河の果てまで旅して、今ここに惑星・地球に戻ってきました。43年前の話です。これから2時間半くらいの列車の旅になると思いますが、どうぞよろしく楽しんでいただければと思います」

そんな洒落た挨拶でトークをスタートしたりん監督。

今回のドルビーシネマ版について感想を求められると、こんな風に答えてくれた。

「蘇ったなという感じですね。当時も僕は、耳からきこえてくる音楽とか、体感を感じられるのが映画だなと思っていました。そして当時は、ちょうど『スター・ウォーズ』がドルビーシネマをやりはじめて、ぜひこれ(『銀河鉄道999』)もやりたいなと思いましたが、その時はできませんでした。今回、あらためて新しい技術でできあがったものを観た時には、この臨場感(がすばらしい)と。ドルビーはSFなどに本当に向いているので、それを ”観る” というより ”体感” してほしいです」

No image

▲HDリマスター画像(左)と今回の4KHDRリマスター画像(右)の比較。

(C)松本零士・東映アニメーション

りん監督にとって、劇場版『銀河鉄道999』は自身初の長編アニメーション映画監督作。

「長編アニメを作るなんて思ってもいなかったので、どう作っていいかわからないわけですから、しばらく悩みましたけれど、最後はやけくそで『自分のスタイルで作ればいい』と。その時に自分の中にあったのは、中学生くらいからずっと観ていたフランス映画やイタリア映画、そういうものが頭の中にチラチラとあって、そういうスタイルで作ろう、と。何を意識したというわけではないけれど多分、フランス映画の音楽の使い方やイタリア映画のネオリアリズムのカットの見せ方がどこかにあって、それが絵コンテに出たんじゃないかと思います」

当時を振り返ったりん監督は、そんな風に語ってくれた。

「僕も今回、こういう企画を聞かされて『えっ、そんな50年近く前の古いものをやるの?』と思いましたけれど、こうしてあらためていろいろな人の努力で映像も綺麗になって、音もドルビー的なサウンドになって、本当に蘇ったなと思います。43年前から戻ってきた僕は浦島太郎みたいなものですが、開けてビックリ玉手箱で、とにかく楽しんでいただければ幸いです」

そんな挨拶で締め括られたトーク。

伝説の名作にまつわる様々なエピソードが語られた、貴重な機会となった。

時代を経ても不変の魅力を持った映画が、最新の技術でレストアされて蘇る。

その喜びをたっぷりと感じられる劇場版『銀河鉄道999』ドルビーシネマ版は1/14(金)より、『さよなら銀河鉄道999 ーアンドロメダ終着駅ー』ドルビーシネマ版は1/21(金)より、丸の内ピカデリーほか全国7館で順次公開される。

また、5月11日(水)には、4Kリマスター版のパッケージ商品として両作品の4K ULTRA HD Blu-rayも発売される。

(C)松本零士・東映アニメーション

No image
No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加