明石家さんま『紅白』司会に野望!経験者・大泉洋は「絶対無理」「年明ける」バッサリ

明石家さんま『紅白』司会に野望!経験者・大泉洋は「絶対無理」「年明ける」バッサリ

  • 日刊大衆
  • 更新日:2021/05/02
No image

大泉洋

4月25日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で、MCを務めた明石家さんま(65)に大泉洋(48)が苦言を呈した。今回、大泉は安田顕(47)、戸次重幸(47)、森崎博之(49)、音尾琢真(45)とともにTEAM NACSとして登場。TEAM NACSは、今や「日本一チケットが取れない」大人気演劇ユニットで、今年25周年を迎える。

関連:■フジ久慈暁子アナ早くも「NG」!?さんまも凍る「タブー発言」と「でしゃばり爆笑」■

さんまは、たびたび彼らの舞台を観劇しているといい、東野幸治(53)が「さんまさん、終わってから楽屋にいらっしゃるんでしょ?」と聞くと、安田は「いつも面白おかしくハッパをかけてくださるんですけど、楽屋に入ってきていきなり“おまえらあそこで噛んだやろ”って」とダメ出しをしてくると告白。大泉は「なんか、舞台疲れて終わってるわけじゃないですか」「この方が来られたときに、僕らにしてみたらね、もう1ステージぐらいの気持ちなんですよ」「いや、めちゃくちゃ疲れる」とさんまへの対応にも体力をさいているとボヤいた。

音尾は以前、別の舞台でさんまと共演した縁もあり、毎回さんまにチケットを用意しているといい、さんまは「大泉は、来んなって言うの、俺に」「来ないでほしいっていうのがおかしいよな!」と憤慨。しかし大泉は、さんまではなく音尾に「完売してるのになんで渡すの?」と矛先を変え、「ないんだよ、席、言っとくけど。もっと来てほしいお客さんいるよ!」「百害あって一利ないぞ、おまえ」「終わった後来て、俺たち疲れるしな」と不満をぶちまけ、さんまを爆笑させた。

昨年末の『NHK紅白歌合戦』で、大泉が白組の司会を務めた話題になると、東野がさんまも紅白司会をやりたいと言っていることに触れると、大泉はあきれたように「絶対無理ですって」とバッサリ。さんまは「できるって。福山雅治(52)のマネしたらええんやろ?」と大泉がやっていたモノマネをイジり、大泉に「違う」「さんまさんやったら絶対年明けますって」とたしなめられていた。

■大泉のニュースがさんまのせいで再燃!?

また、東野が、ネットニュースで司会の大泉が「しゃべりすぎ」だと叩かれていた件に触れると、さんまは自身のラジオでそれについてフォローしたとコメント。大泉は叩いていたのはごく一部だと振り返り、そのニュースが出たときは「そういうことを言う人もいるな、なるべく見ないでほしいな、こういう記事はと思ってた」と胸を痛めていたという。「そしたら、あなたがラジオで大声で!」「こんな記事出んねんなぁ」「それがまた大きなニュースになってた!」と、収まりかけていた事態がさんまによって大ごとになったと猛抗議。さんまは「本当に申し訳ございません」と笑いながら土下座謝罪していた。

大泉とTEAM NACSのさんまへのクレームに、視聴者からは「さんまさん対TEAM NACS面白すぎる笑」「お互いに遠慮がない感じが、見てて小気味よかった」「団体芸(笑)」「皆さんがちゃんと話にオチをつけるの面白かった」「さんまさん紅白は無理やろw」「知らぬ間に火に油を注いでたさんま氏(笑)」「また取り上げられて……さらに大きなニュースにw」「大泉洋さんの司会良かったよ」など、さまざまなコメントが上がっていた。

大泉が語ったさんまの発言は、今年1月9日放送の『ヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)での出来事。さんまが大泉のニュースに触れ、大泉は一生懸命頑張っていたと擁護。さんまは以前から紅白司会に意欲的だったが、「大泉であれだけ叩かれるんやったら、俺はほとんど叩かれるなと思って」とあきらめたとコメントしていた。

ビデオリサーチ調べによると、昨年の紅白は第2部の視聴率が関東地区で40.3%と前年の37.3%を上回っていた。大泉のニュースのようにネガティブな声もあったが、この数字を見ればそれがほんの一部だということがうかがえる。今年の年末、大泉の再登場はあるのか。さんまの大抜擢もありえる!?

元TOKIO長瀬智也も驚愕?ラストドラマに宮藤官九郎の人生「パクリ」問題噴出!

日刊大衆編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加