北海道新幹線札幌駅建設で大規模な道路規制...国道も車線縮小 6月から順次

北海道新幹線札幌駅建設で大規模な道路規制...国道も車線縮小 6月から順次

  • レスポンス
  • 更新日:2022/06/26
No image

北海道新幹線札幌駅を俯瞰したイメージ。左下から右上にかけて描かれている川が創成川で、並行する道路が国道5号線。工事は川を挟んだ東西の南側で本格化し、車両、歩行者ともに順次通行不可となっている。

もっと画像を見る

JR北海道は6月23日、北海道新幹線札幌駅(札幌市北区)の建設工事に伴なう周辺道路の規制計画を明らかにした。

奥羽本線・福島-庭坂間が日中約1年間運休...福島駅アプローチ線工事 2022年3月12日から

札幌駅の南側に位置する新幹線の駅は、札幌市内を南北に流れる創成川を跨ぐ形で駅舎が建てられることになっており、その東西の道路(北6条西1丁目~北6条東1丁目エリア)上には高架橋が建設される。

No image

そのため、北6条西1丁目エリアでは6月から工事が始まっており、4月から車両通行禁止となっていたが、6月からは歩行者も通行禁止となっている。創成川から東の北6条東1丁目エリアは9月以降に工事が始まり、鉄道高架側道1号線の一部が通行できなくなる。

No image

さらに7月からは、工事エリアにかかる創成川沿いの国道5号線が夜間に4車線から2~3車線となる規制が2026年度頃まで実施される予定。

No image

佐藤正樹(キハユニ工房)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加