台風15号が発生 24日午後にも神奈川県に最接近の恐れ 横浜地方気象台、土砂災害など注意呼びかけ

台風15号が発生 24日午後にも神奈川県に最接近の恐れ 横浜地方気象台、土砂災害など注意呼びかけ

  • カナロコ by 神奈川新聞
  • 更新日:2022/09/23
No image

気象庁によると、日本の南の海上で23日午前9時、台風15号が発生した。神奈川県には24日昼すぎから夕方の間に最接近する見込みだ。横浜地方気象台は25日にかけて大雨になる恐れがあるとして、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などに注意するよう呼びかけている。

同庁によると、熱帯低気圧から変わった台風15号は23日午前9時時点で室戸岬の南約300キロにあり、およそ20キロの速さで北へ進んでいる。中心気圧は千ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルとなっている。

気象台によると、暖かく湿った空気が入り込む影響で、神奈川県内では雷を伴った激しい雨が降る見込みだ。先の台風14号による大雨で土砂災害の危険度が高まりやすくなっており、警報級の大雨になる可能性があるという。

24日にかけて1時間30ミリの激しい雨の恐れがあり、同日昼までの24時間に東部の多い所で100ミリ、西部では120ミリを予想。その後、25日昼までの24時間では、東部、西部ともに50~100ミリを見込んでいる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加