「野菜たっぷりボリューム満点」社員食堂に女子大学生考案のメニュー 従業員の健康状態守るため〈仙台〉

「野菜たっぷりボリューム満点」社員食堂に女子大学生考案のメニュー 従業員の健康状態守るため〈仙台〉

  • 仙台放送ニュース
  • 更新日:2021/10/14
No image

仙台放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

従業員の健康状態を守るため、仙台市泉区の会社で栄養学を学ぶ女子大学生が考案した食事メニューが提供されました。

泉区の電子部品メーカー仙台村田製作所です。今年4月に行った健康診断で、全従業員のおよそ2割、夜勤を含むシフト勤務をする工場で働く従業員に限るとおよそ3割が肥満という判定を受けました。

仙台村田製作所事務課 井浦武士 シニアマネージャー

「BMI肥満度や血圧といったものが、良化の傾向が見られない」

そこで会社は宮城学院女子大学の食品栄養学科にヘルシーメニューの考案を依頼しました。

宮城学院女子大学食品栄養学科4年 照井理子さん

「野菜たっぷり、ボリューム満点チキンのトマト煮定食を作りました」

そして、学生が考えたメニューが、この日限定で社員食堂のメニューに採用されました。

シフト勤務で働く男性

「食生活に偏りが出てくるので、食堂で野菜がとれるというのはすごくいい」

仙台村田製作所と宮城学院女子大学は、今後、食の他にも、行動心理や育児の分野などでも、連携を強化していくとしています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加