楽天マー君吠えた「よっしゃ!」6回0封、今季最多106球熱投

楽天マー君吠えた「よっしゃ!」6回0封、今季最多106球熱投

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/01
No image

楽天対ロッテ 6回表ロッテ2死一塁、エチェバリアを空振りの三振に仕留め、声を上げる田中将(撮影・菅敏)

<楽天3-0ロッテ>◇1日◇楽天生命パーク

楽天田中将大投手(32)が今季最多106球の熱投でロッテ打線を6回5安打無失点に抑え、今季2勝目の権利を持って、マウンドを降りた。

簡単には崩れない。3者凡退は4回の1度だけ。3度得点圏に走者を置いたが、本塁だけは踏ませなかった。2回は先頭角中に死球。1死からヤンキース時代の同僚エチェバリアに右前打を許し一、二塁とされる。それでも岡を見逃し三振、江村を空振り三振に仕留める。

先制点をもらった直後の3回も先頭荻野に左安から二盗で無死二塁とピンチを招くも、マーティンを空振り三振、中村奨を三ゴロ、安田を右飛に抑え、難を逃れる。

岡島の2ランで3点リードした5回には2死から荻野、マーティンに連打を浴び、初めて三塁に走者を置いた。それでも中村奨を遊ゴロに打ち取り、崩れない。6回も1死から角中に中前打を打たれたが、レアードを一邪飛、エチェバリアを空振り三振に仕留め「よっしゃ!」とほえた。

練習試合、オープン戦含め8度目の登板で今季最多の106球。最速は球場表示で149キロを計測した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加