大久保嘉人氏 過酷すぎる「国見ルール」を明かす「バレたら、サッカー部辞めさせられるんで」

大久保嘉人氏 過酷すぎる「国見ルール」を明かす「バレたら、サッカー部辞めさせられるんで」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/01/16

昨季限りで現役を引退したサッカー元日本代表の大久保嘉人氏(39)が15日、MBSの情報番組「せやねん!」(土曜前9・25)に生出演。高校時代に体験した超過酷なルールを明かした。

No image

大久保嘉人氏

大久保氏は長崎・国見高出身。7日に他界した名将、小嶺忠敏氏(享年76)に率いられ、全国高校選手権を6度制した名門中の名門だ。大久保氏も3年時の00年に優勝し、得点王にも輝いている。ただ、漫才コンビ「アキナ」の山名文和から「高校時代、メッチャ、モテたでしょう?」と聞かれると、意外な答えを口にした。

「声は掛けられましたけど、女の子としゃべったらダメなんですよ、自分たちの学校は。しゃべっているところを先生に見られると、監督にチクられるんですよ」

これには出演者一同ががくぜん。大久保氏は廊下などで女の子としゃべっていても、先生の姿を認めると、話していないフリをしていたという。「恋愛とかは?」の問いに、「恋愛なんかバレたら、サッカー部を辞めさせられるんで」と続け、あまりに厳格な規則に「厳しい」と周囲から声があがった。

気を取り直した「アキナ」秋山賢太が「と言いながら、マネジャーと陰で付き合ってたりとか」の問いには、「マネジャーは男だったんで」と大久保氏。プロ入り後のモテっぷりについては、「自分は若い子にモテなかった」と回想していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加