オカダまさかのO-カーン乱入と裏切りでG1敗退

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/10/17

<新日本:G1クライマックス30>◇16日◇東京・両国国技館

新日本プロレスの「G1クライマックス」Aブロック公式戦最終戦が行われ、3度目の優勝を目指したオカダ・カズチカが、乱入と裏切りにより敗退した。

同門のオスプレイ戦の終盤、ツームストンパイルドライバーでチャンスをつくるも、英国遠征中のO-カーンが突然の乱入。変形チョークスラムを浴びると、復活したオスプレイのストームブレイカーで、3カウントを奪われた。オスプレイは「今こそ変化の時だ」と言い放ち、O-カーンとがっちり握手。オカダは肩を担がれ、無言で控室に直行した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加