中日、本拠地最終戦はドロー「力及ばず」退任の与田監督V逸をファンに謝罪

中日、本拠地最終戦はドロー「力及ばず」退任の与田監督V逸をファンに謝罪

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/10/14
No image

中日対ヤクルト 試合後、本拠地最終戦セレモニーであいさつを終え一礼する与田監督(撮影・森本幸一)

<中日1-1ヤクルト>◇14日◇バンテリンドーム

中日の本拠地最終戦は引き分けで終了。

今季限りでの退任が決まっている与田剛監督(55)は試合後のセレモニーで最後のあいさつを行い「今年、なんとか優勝をという思いでスタートしましたけど、私の力及ばず、このような成績になってしまったことを大変申し訳なく思っています」とファンに謝罪。その上で「来年は満員のお客さんで埋め尽くされたバンテリンドームで優勝、その瞬間を心から願って残り試合、しっかり戦います」と残り5試合に目を向けた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加