トヨタとダイハツ、認証不正の「ライズHEV」「ロッキーHEV」で社内試験結果を公表 ダイハツが自主的に実施した試験で法規基準を満たす結果に

トヨタとダイハツ、認証不正の「ライズHEV」「ロッキーHEV」で社内試験結果を公表 ダイハツが自主的に実施した試験で法規基準を満たす結果に

  • Car Watch
  • 更新日:2023/05/26

2023年5月26日 発表

No image

トヨタ「ライズHEV」

トヨタ自動車とダイハツ工業は5月26日、ポール側面衝突試験(UN-R135)の認証手続きに不正があったトヨタ「ライズHEV」とダイハツ「ロッキーHEV」について、安全性能を確認するためダイハツが自主的に実施した社内試験の結果を公表した。試験結果については、すべての項目で法規に定められた安全性に関する基準を満たす結果になったとしている。

「ロッキー」「ライズ」の国内向けハイブリッド車については、ダイハツ工業が5月19日に、ポール側面衝突試験(UN-R135)の認証手続きに不正があったことを公表し、同日、出荷・販売を停止している。

No image

試験イメージ

No image

試験結果

ダイハツが自主的に実施した車両が電柱などに横から衝突した際の安全性について確認する試験では、電柱等を模したポールに、時速32kmで車両側面を衝突させ、「乗員の衝撃(傷害値)が法定基準を満たしていること」「ドアの外れや開放が無いこと」「衝突後の燃料漏れの量が一定値以下であること」を確認。法規に定められた安全性に関する基準を満たす結果となったとしている。

今回の試験は、現在、ロッキーHEV、ライズHEVを使用するユーザーが、安全に対して不安・懸念を感じている状況にあるために、ダイハツが自主的に行なった社内試験であり、認証当局が確認したものではない。今後、出荷・販売の再開に向けては、認証当局立会いでの試験や、「ライズHEV」「ロッキーHEV」に関するその他の認証項目の確認など、必要な手続きを当局と相談しながら進めていくとしている。

No image

ダイハツ「ロッキーHEV」

編集部:椿山和雄

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加