角田裕毅、来季もアルファタウリ残留

角田裕毅、来季もアルファタウリ残留

  • AFPBB News
  • 更新日:2022/09/23
No image

フォーミュラワン(F1世界選手権)に参戦するアルファタウリの角田裕毅(2022年9月9日撮影)。

【AFP=時事】フォーミュラワン(F1、F1世界選手権)に参戦するアルファタウリは22日、角田裕毅が来季もチームに残留することを発表した。チーム代表は、角田がF1の「シートにふさわしい」ことを示していると評価している。

昨季アルファタウリからF1デビューを果たし、現在2季目に臨んでいる22歳の角田は、「2023シーズンも彼らと一緒にレースできることをうれしく思います。もちろん、2022シーズンはまだ終わっていませんし、中団争いで努力を重ねているところですので、今は上位でシーズンを終えることに集中しています。その次に来シーズンへ目を向けていきます」 とチームの発表文で語った。

アルファタウリのフランツ・トストチーム代表は、「彼は非常に才能豊かなドライバーで、2022シーズンはさらなる成長を遂げています。最近の裕毅のペースはその証左で、彼にはF1のシートがふさわしいことを示していますし、残り6戦でも強力なリザルトを残してくれることを期待しています」と述べた。

昨年チームが拠点を置く伊ファエンツァに移住し、チームメートのピエール・ガスリーとペアを組む角田。今季のドライバーズ選手権では現在16位につけており、これまでの自己最高成績は昨季最終戦のアブダビGPで記録した4位となっている。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加