『Need for Speed Unbound』Twitterアカウントでの数々の暴言に関しEAが謝罪―“SNS上での返信が一線を越えてしまった”

『Need for Speed Unbound』Twitterアカウントでの数々の暴言に関しEAが謝罪―“SNS上での返信が一線を越えてしまった”

  • Game Spark
  • 更新日:2022/11/25
No image

『Need for Speed Unbound』Twitterアカウントでの数々の暴言に関しEAが謝罪―“SNS上での返信が一線を越えてしまった”

もっと画像を見る

No image

エレクトロニック・アーツは12月2日リリース予定の『Need for Speed Unbound』(NFS)に関して、Twitter公式アカウントによるファンを侮辱した発言を謝罪しました。

きっかけとなったのは11月21日のTwitterでした。『Need for Speed Unbound: Palace Editiond』の事前予約購入者には、3日間の早期アクセス権を与えるというキャンペーンについてつぶやいたところ、とあるファンが「ちょっと待って、3日早くアクセスするためにもっとお金を払えということなの?」「3日早くプレイするために、『NFS』シリーズのファン達に追加料金を請求するのは、搾取だ。全然クールじゃない」とリプライを投稿しました。

NFSアカウントがこれに対して「泣くか、通常版を買ったら?どっちでもいいし」と返答。ファンが「リリース日に買うつもりでしたが、この公式アカウントのせいで買うのをやめます。あなたは自分が思ってるほどクールじゃないし、プロの態度とも思えない」と批判を重ねると、さらに「リプを全部読んでないけど、ゴメンそれともオメデトウかな」とNFSアカウントは返信する始末。

11月24日にEAは「『NFS』発売のPRに少し夢中になるあまり、SNS上の返信が一線を越えてしまったことをお詫びします。(発売日の)来週お会いしましょう」と正式に謝罪コメントを発表し、以前の投稿は削除されましたが、すでに多くのTwitterユーザーがスクリーンショットを保存した後でした。

このやりとり以外にも、互いに「milkshake brain」「milkshake company」といった言葉の応酬があり、海外メディアEurogamerやPCGamerは「“milkshake brain”発言をEAが謝罪」と報じ、「コミュニティマネージャーはファンの苦情に対応するのにうんざりして、やけくそになったのか」と推測しながらも「“エッジの効いた発言を返したつもり”かもしれないが、シリーズファンを不愉快にさせただけで、不当な発言である」と述べています。

No image

『Need for Speed Unbound』はPS5/Xbox Series X/S/PC(Epic Games Store/Origin/Steam)向けに、12月2日発売予定です。

稲川ゆき

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加