三菱ふそう、eキャンター新型を豪州初公開...第4四半期より受注開始

三菱ふそう、eキャンター新型を豪州初公開...第4四半期より受注開始

  • レスポンス
  • 更新日:2023/05/29
No image

ブリスベン・トラックショーで公開したeキャンター新型

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は、5月18日から21日まで豪州で開催された「ブリスベン・トラックショー」にて電気小型トラック『eキャンター』新型を同国で初公開した。

ヒョンデの小型SUV『コナ』新型にEV、航続490km...日本にも年内導入へ[詳細画像]

eキャンターは、2021年に従来モデルを豪州市場に導入して以来、複数の大手物流企業に採用されてきた。新型は電動アクスル(eAxle)を採用し、ドライブトレインをよりコンパクトに設計したことで、従来モデルから大きく進化。2023年第4四半期(予定)より豪州での受注を開始する。

豪州市場向けには、総重量4.5トンから8.55トンまでの14型式を展開。ホイールベースの長さに応じてバッテリー数を1個から3個まで変えて航続距離が選べること、また2種類のキャブサイズを取り揃えたことで、多様なビジネスニーズに対応する。また、日本や欧州市場向け同様、動力取り出し装置(ePTO)を搭載し、ダンプ、クレーン、冷蔵バンなど、より幅広い架装タイプと用途に対応する。

新型eキャンターは完成車としてMFTBCの川崎製作所から輸出する予定だ。

BMWのオープンカー『Z4』がクーペに、1台限りのシューティングブレーク発表...ヴィラデステ2023

500馬力オーバーの小さな野獣、BMW『M2』にいよいよ「CS」投入か!?

日本での販売はなし!? トヨタ『C-HR』次期型、量産デザインが判明!内部もついに見えた

纐纈敏也@DAYS

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加