水森かおり、宮崎舞台の新曲「日向岬」を小田原で熱唱、「カラオケで歌うと爽快になれます」

水森かおり、宮崎舞台の新曲「日向岬」を小田原で熱唱、「カラオケで歌うと爽快になれます」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2023/01/25
No image

大勢のファンの前で新曲歌唱キャンペーンを行う水森かおり(神奈川・小田原市の小田原ダイナシティ)

演歌歌手、水森かおり(49)が25日、神奈川・小田原市のショッピングモール「小田原ダイナシティ」で2回の歌唱ステージを開き、延べ900人を前に前日24日に発売した新曲「日向岬(ひゅうがみさき)」を熱唱した。

「ご当地ソングの女王」と呼ばれる水森。新曲の舞台は宮崎県の南端にある全長約5キロのリアス式海岸で、絶景が続く観光名所という。「女性の悲しい気持ちを歌っていますが、歌うと爽快な気分になれます」とカラオケ歌唱を勧め、日向市観光大使に任命されることも明かした。

この日は昨年大みそかのNHK紅白歌合戦で歌った「九十九里浜」のほか「瀬戸内 小豆島」も披露。情感あふれる歌声と軽妙なトークでファンを楽しませた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加