48歳で更年期、大量の汗で仕事にも影響...それでも「永遠に続くわけじゃない」

48歳で更年期、大量の汗で仕事にも影響...それでも「永遠に続くわけじゃない」

  • ESSE-online
  • 更新日:2022/09/23

症状のデパートともいわれ、人によって症状が違うという更年期。閉経前後の10年を指し、6割の女性が不調を感じると、産婦人科医の高尾美穂先生は言います。なかなか人に話しづらい悩みも多いなか、2名の方に更年期の体験談を語ってもらいました。すこやかに更年期を乗り越えるヒントをお届けします。

家族や友達と話すことでラクに。読者の更年期体験談

No image

つらい更年期は、症状を家族や友達に話して協力してもらったり、情報を共有したりすることでラクになることも。

この記事のすべての写真を見る

●更年期と素直に認め、家族にも救われた

けぃけぃさん 52歳/更年期開始年齢 49歳

会社員。子どもは成人した長男を含め3人。更年期症状は、イライラや自己嫌悪、無気力さなど。現在もまだ少し症状を感じている状態。

「更年期かも」と最初に感じたのは、ホットフラッシュのような症状でした。先に更年期がきた友人もホットフラッシュで悩んでいたのですが、いつも大きなタオルで汗をふいていました。それに比べて私は顔が熱くなる程度で汗をかくほどでもない。友人たちとも「認めたら負けよ」と笑い合い、それほど気にしていませんでした。

しかし、だんだん好きなことができなくなってきて…。これまでは、掃除機をかけるのが好きで毎日やっていたのに、それが2日に1回になり、3日に1回になり、最終的には掃除機を出すのもおっくうになりました。老眼が進んでピントが合わないので編み物や手芸もやる気なし。趣味が減っていくし、人に会うのも面倒、先延ばしにする自分にイライラしていました。

腹をくくったのは長男に「更年期だね」と指摘されてから。もともと優しく、疲れているときはいたわってくれるような子からのひと言だったので、認めざるを得なかったです。

今は家族にも「私、更年期だから」と宣言しています。開き直ったら周りも協力的になってくれて、夫も洗濯やゴミ出しを積極的にしてくれるようになり、子どもたちも順番にお風呂洗いをしてくれるようになったので、助かっています。

職場や友人づき合いでも、過度な期待をせず、無理をしてまでつき合わなくていいと決めたらイライラから解放され、毎日がラクになりました。今はミステリ漫画を読んだり、1人時間を満喫することが癒やしの時間。漫画は実現逃避したいときにラクに読めるのでいいんです。もう少し症状が落ち着いたら外食や旅行、買い物にも1人でチャレンジしたいです。

●友人との情報共有で気持ちがすごくラクに

No image

のり子さん 55歳/更年期開始年齢 48歳

パート。成人した子どもが2人。更年期症状は、あまりの汗の量で仕事に影響してしまったことも。2年ほど悩み、現在は症状が改善。

私の更年期症状は、とにかく汗をたくさんかくことでした。ハンカチを持ち歩くようにしていましたが、それでもたりず、仕事中に大粒の汗で書類が濡れてしまい、男性社員の目が気になったことを覚えています。

更年期の話題は症状や時期も人それぞれでデリケートなので、相談しにくいものです。私は友人たちのなかで閉経がいちばん早かったこともあり、一対一で会ったときに少しずつ自分から話題に出すようにしたら、だんだんと周りも「私もじつは…」と話してくれるようになりました。

友人たちと共有するメリットは、落ち込んだり、イライラする気持ちをわかり合えたこと。病院や漢方などの情報が得られることはもちろん、「こんな思いをしているのは自分だけじゃない」というのがわかっただけでも救われた気がします。

また、自分が更年期だということをちゃんと受け入れたことがよかったのかもしれません。「永遠に続くわけじゃない」と割りきれたからこそ乗り越えられたのだと思います。

ESSEonline編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加