中川翔子「抑止につながれば」殺害予告・誹謗中傷に胸中 ファンは「しょこたんが勇気を出したことで変わることがある」とエール

中川翔子「抑止につながれば」殺害予告・誹謗中傷に胸中 ファンは「しょこたんが勇気を出したことで変わることがある」とエール

  • iza!
  • 更新日:2021/10/14
No image

中川翔子

タレントの中川翔子が13日、自身のYouTubeチャンネルを更新。7日に自身を誹謗中傷していた男性が書類送検されたことについて語った。

先月8日、ツイッターで「もう、常軌を逸した誹謗中傷、命の危険を感じさせる書き込みには、警察に相談してしかるべき対処をしていこうと思います」と表明し、「何書いてもいいわけじゃない、調子に乗ると大変なことになると理解してほしい」と行動に出た中川。その後、インターネット上の掲示板に中川を「殺害する」などと書き込んだとして脅迫と侮辱容疑で、東京都内に住む20代の男が書類送検された。

動画で、中川は「『5ちゃんねる』という掲示板で誹謗中傷…というか、脅迫…ですかね。で、20代の男性が書類送検されるということで、被害に遭ったんですけれども」と前置きし、「何カ月にもわたって執拗に本当に誹謗中傷…そしてなかには命にかかわるような『硫酸かけるぞ』とか『自殺しろ』とか、もう本当に、ものすごい勢いで書かれ続けていました」と告白。これまでもストーカー被害に遭ったことがあるという中川は「ストーカーで家に来ちゃった人が逮捕されたりとか、そういうことがあったので本当に怖かったです」と胸中を明かした。

今回、警察に相談した理由について、中川は「無法地帯の時間がネットで長すぎる」と問題点を指摘し、「やられ放題で当たり前みたいなのがネットって感じだった」としつつも「抑止につながればいいなと思いました」と説明。その後、動画には弁護士の岡野武志氏が登場し、中川が本件に関する疑問点をぶつけた。

動画のコメント欄には「被害を受けたしょこたん自身が、こうやって発信していくことにすごく意味と意義があって助けられている人がいると思います」「今回こうしてしょこたんが勇気を出してくれたことで、変わることが必ずあると思います」「こういうことはどんどん発信していってほしい」「有名人だからと泣き寝入りする必要はありません」など、中川の行動を支持する書き込みが多数寄せられた。

ほかにも「本当に怖いよね。それで実害が起きてからでは遅いから、早いうちに警察に相談したのは大正解だよ」「しょこたん何もなくてよかった。誹謗中傷で亡くなった人もいるから。言葉は凶器にもなるからね」と中川を案じるメッセージも届いている。

岡野氏を迎えた構成も「おお!岡野タケシ弁護士!チャンネル登録してます!勉強になりますね」「先生の説明がわかりやすくて、参考になりました」「すごくわかりやすい説明で勉強になった!」と好評で、「誹謗中傷してる人は考えて欲しい」「ネット上の誹謗中傷等が、これからどんどん、法整備されて厳罰化に向けばいいね」などと願う人も少なくなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加