BMW 1シリーズ 改良モデルの内部を激写!初のPHEVモデルも登場か?

BMW 1シリーズ 改良モデルの内部を激写!初のPHEVモデルも登場か?

  • レスポンス
  • 更新日:2022/05/17
No image

BMW 1シリーズ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

もっと画像を見る

BMWが現在開発中のコンパクトハッチバック『1シリーズ』改良新型のインテリアを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

レンジローバースポーツ 新型が挑戦、長さ200mのダムの放水路を駆け上がれ!![動画]

プロトタイプ車両のダッシュボードは布で覆われ、全体像を把握することは難しい。しかし、ダッシュマウントされた巨大インフォテインメントディスプレイの一部が露出している。ブランド最新の「iDrive8」インフォテインメントソフトウェアを搭載しているはずだ。またギアセレクターも直立したシフトレバーの変わりにコンパクトデザインへと新設計。これは『2シリーズアクティブツアラー』と共有するものだ。

No image

エクステリアは、ヘッドライトとテールライトにダミーコンポーネントを装着。市販型のグラフィックは不明だ。しかし、新しいグリルを装備しており、バンパーインテークなどを見るに「水平」がテーマとなりそうだ。

パワートレインは、1.5リットル直列3気筒ガソリン/ディーゼルエンジン、2.0リットル直列4気筒ガソリン/ディーゼルエンジンなどが現行型からキャリーオーバーされると予想されるが、2シリーズアクティブツアラーにPHEVが用意されていることを考慮すると、1シリーズ初の電動モデル登場の可能性もありそうだ。

No image

1シリーズ改良新型のワールドプレミアは、2023年内が有力視されている。

インパクトレンチ? いえ200-6700Nmを制御できる電動トルクレンチです...ジャパントラックショー2022

シャフトごとタイヤがすっ飛んだベントレーをレッカーするには...ジャパントラックショー2022

『718ボクスター』最後のボクサーエンジンか、最強の「スパイダーRS」をスクープ

Spyder7編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加