使っているシャフトの「嫌いな部分」を基準にすればリシャフトは成功するって本当?

使っているシャフトの「嫌いな部分」を基準にすればリシャフトは成功するって本当?

  • e!Golf
  • 更新日:2022/11/25

「可変スリーブ」の登場で“リシャフト”は簡単に

最新ドライバーの多くは、通称カチャカチャこと「可変スリーブ」を採用しています。2009年にテーラーメイドから発売された「R9」以降、多くのドライバーモデルに定着しました。

それまではひとつのヘッドで一本のシャフトが接着された、アイアンと同じ方式が主流でした。高熱ドライヤーで温めシャフトを抜き、新たにシャフト接着を行う “リシャフト”作業をプロショップや工房で行っていました。

No image

可変スリーブ付きシャフトに交換できるようになった事で、ドライバーのリシャフトは手軽になった

“リシャフト”はゴルファーの腕前に関わらず、種類や硬さが変わればクラブの性能に反映されフィーリングや結果が変わるということです。また、 “リシャフト”の敷居が高いと感じているなら「カスタムオーダー」でクラブ購入ができます。クラブ購入時なら、カスタムシャフト単体の価格も実質的にお得。ショップでの試打やフィッティングもしやすいのでオススメです。

【図解】リシャフトだけじゃなく「グリップ交換」も自分でやろう!簡単な手順解説

ただし、“リシャフト”にも問題点はあります。それは、ゴルファーの価値観によって個人差が大きいことです。また、何をもって正解なのか明確なものがないため、「自分の主観」がない人ほど「誰かの話」に頼ってしまう傾向があります。

そのため「フィッティングしたのに合わなかった」や「ヘタだから何を使っても飛ばない」など、期待と現実の大きなギャップを感じやすくもなっています。

シャフトメーカー各社は、あくまで既存のシャフトに満足できなかったゴルファーのために「新しい対象ターゲット」や「新しい開発コンセプト」にした新製品を発売しています。うまいヘタといった腕前も、シャフトを語れるかどうかも関係なく、ゴルファーが困っているショットの傾向や振り心地を少しでも改善するために、たくさんの種類のシャフトが存在しているのです。

No image

シャフトメーカー各社の最新モデルは、異なるニーズや好みに対してブラッシュアップされている

ビギナーの中には「ヘタな自分が“リシャフト”なんて……」と思っている方もいます。仮にヘタだとしても、それをカバーするためにギアに頼るのも一つの方法だと思います。「うまい人は何でも打てる」かも知れませんが、“リシャフト”をたくさん経験したゴルファーほど、「自分の基準」で選べるようになります。

「うまくなってから」クラブやシャフトを替えたワケではなく、失敗や成功の経験が腕前やフィーリングに表れているのです。

「ピッタリ合う」の前にビギナーができることとは?

各種モデルのシャフトには、重さ、硬さ、トルク、調子など「自分にピッタリ合うシャフト」を探すには困難なほど、様々なスペック項目があります。

しかも、各社独自基準の計測や分類方法を採用しているので、全く同じ基準で比べられるスペック項目は重さぐらいしかありません。その他の項目はメーカーが異なった時点で「目安」にしか使えません。

プロアマ問わずゴルファーのみなさんと接してきた僕の経験則では、「飛ぶ」や「合う」よりも「飛ばない」「合わない」「振りづらい」といった感想の方が、表現しやすい人の方が圧倒的に多い気がします。

No image

「合わない」「飛ばない」「振りづらい」が分かなければ、まず自分のクラブよりも「好き」か「嫌い」か? を打ち比べてみる事も新しいシャフト選びでは重要になる

試打でシャフトの「合わない」「飛ばない」「振りづらい」を感じるなら、「それ以外」の中に使ってみるべきモデルが存在しているはず。

現在使っているドライバーシャフトの「気に入らない所」を基準にしてから試打を行うと、「自分のクラブよりも悪くない」すなわちリシャフトしてみる価値のあるモデルに出会えると思います。

シャフトの「〇〇調子」がよくわからなくても、ゴルファーが感じた「好き」「嫌い」のフィーリングの裏付けだと考えればいいと思います。

【解説】筒 康博(つつ・やすひろ)

伝説のプロコーチ・後藤修に師事。世界中の新旧スイング方法を学び、プロアマ問わず8万人以上にアドバイスを経験。スイング解析やクラブ計測にも精通。ゴルフメディアに多数露出するほか、「インドアゴルフレンジKz亀戸」ヘッドコーチ、WEBマガジン「FITTING」編集長を務める。

猿場トール

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加