「ショウヘイはとんでもない奴だ!」疲れ知らずの快投に“伝説左腕”サバシアも熱狂! 大谷翔平が8打点の翌日に「13奪三振、被安打2」

「ショウヘイはとんでもない奴だ!」疲れ知らずの快投に“伝説左腕”サバシアも熱狂! 大谷翔平が8打点の翌日に「13奪三振、被安打2」

  • THE DIGEST
  • 更新日:2022/06/23
No image

疲れ知らずの快投に殿堂入り投手も賛辞を惜しまない。

【動画】メジャー自己最多の13奪三振! ガッツポーズも飛び出した大谷の投球シーンをチェック

現地時間6月22日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地で行なわれたカンザスシティ・ロイヤルズ戦に「2番・DH兼投手」で今季12度目の投打同時出場。8回(108球)を投げて2安打無失点、メジャー自己最多の13奪三振と好投し、今季6勝目(4敗)を挙げた。

2本塁打、8打点をマークした前日に続き、勢いが止まらなかった二刀流スター。初回立ち上がりこそ連打で無死一、二塁のピンチを迎えたものの、その後は危なげないピッチングで三振の山を築きあげる。2連敗中だったチームは5対0と快勝し、大谷が3登板連続で“連敗ストッパー”の役割を果たした形だ。

これを受け、ニューヨーク・ヤンキースなどで通算251勝を挙げた伝説左腕、CC・サバシア氏は、「一夜で2本塁打、8打点…。その翌晩には13奪三振、被安打2で勝利投手に…」と公式ツイッターで速報。以前から活躍ぶりを称えてきたが、今回も「ショウヘイ・オオタニはとんでもない奴だ!」と興奮気味に綴っていた。

なお、打っても3打数1安打、2四球。前日に続く16号こそ生まれなかったものの、3試合連続安打をマークしている。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】昨季はMVPを獲得!更なる飛躍を目指しMLB2022シーズンで躍動する大谷翔平を特集!

【関連記事】イチローと大谷翔平。日本が生んだ2人の天才はいかにしてMLBの「頂点」を極めたのか?<SLUGGER>

【関連記事】エンジェルスへの恨み節も…途中解任された“元名将”ジョー・マッドンは時代に追い去られた存在なのか<SLUGGER>​​​​​​

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加