阪神・藤浪が3回無失点でローテ入り前進 ドラ1佐藤輝は7試合連続安打で打率.452

阪神・藤浪が3回無失点でローテ入り前進 ドラ1佐藤輝は7試合連続安打で打率.452

  • ベースボールキング
  • 更新日:2021/02/21
No image

阪神・佐藤輝

◆ ドラ8・石井大智も好アピール

阪神が広島との練習試合に4-3で勝利。投手陣は先発の藤浪晋太郎が3回無失点と好投し、野手陣では佐藤輝明が7試合連続安打をマーク。佐藤輝とポジションを争う髙山俊も3打数2安打と好調をアピールした。

藤浪は立ち上がりから力で押し込むパワーピッチを展開した。初回は味方の失策で走者を背負うも、女房役・梅野隆太郎の盗塁刺に助けられ無失点スタート。2回は走者を背負ってからストレートで連続三振、3回は再び“梅ちゃんバズーカ”による牽制刺に助けられゼロを並べた。

左打者に対してストレートを引っ掛けるシーンも見られたが、崩れることなく被安打2、与四球1、奪三振3で無失点の内容。この日最速156キロを記録したストレートは威力抜群で、140キロ台のスプリットやカットボールも交え、堂々たる振る舞いで広島打線を抑え込んだ。

投手陣では、7回から登板した5番手の齋藤友貴哉が大盛穂にソロ弾を浴びチーム初失点を許し、3イニング目となった9回にはバッテリーミスが重なり2点を失ったが、チーム全体では6回まで無失点リレー。

6回表に登板したドラフト8位右腕の石井大智は新外国人のケビン・クロンと曽根海成から連続三振を奪うなど、1回2奪三振のパーフェクトピッチングで、開幕一軍入りへ前進した。

◆ 若虎が得点絡む活躍

一方、2ケタ10安打で4得点だった野手陣では、注目のドラフト1位ルーキー・佐藤輝明が5打数2安打1打点で、7試合連続安打とした。

「3番・左翼」で先発出場したゴールデンルーキーは、初回に昨季の新人王に輝いた森下暢仁と対戦すると、カウント2-2から外角低めの149キロを捉え、右中間を真っ二つに破る二塁打をマーク。6回二死二塁の第4打席は右腕・ケムナ誠からコンパクトなスイングで左前へ弾き返し、チーム4点目となる打点も挙げた。

これで紅白戦も含めた打撃成績は打率.452(31-14)、2本塁打、8打点。大型新人の進撃はまだまだ止まりそうにない。

そんな佐藤輝に負けじと外野の一角を狙う髙山俊も3打数2安打1四球と躍動した。4回には三塁走者として平凡な遊ゴロで好スタートをきり間一髪で先制のホームイン。前進守備をかいくぐる好走塁でも存在感を示した。

4回の攻撃は高山の好走塁に続いて、小幡竜平と井上広大が連続適時打を放ち、流れるような攻撃で一挙3得点。開幕一軍入りを目指す若虎がポイントゲッターとして活躍した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加