「パーク ハイアット 京都」が本物志向の大人たちに指名される理由

「パーク ハイアット 京都」が本物志向の大人たちに指名される理由

  • LEON レオン オフィシャルWebサイト
  • 更新日:2022/01/15
No image

guesthouse

唯一無二の存在感。京都の街に佇むラグジュアリーゲストハウス

祇園、清水寺、歴史的な建物が数々残る、京都の中でも最高のロケーションを誇る街、東山。

「パーク ハイアット 京都」は、25年ぶり、日本では二件目の「パーク ハイアット」ブランドとして、その東山の地に2019年に開業した、世界的に見ても非常に稀有なラグジュアリーホテルです。

3000坪という広大な敷地に、ハイアットの中では最も少ない客室数70室という超絶な贅沢さ。その敷地内には400年の歴史がある日本庭園、1877年創業の歴史を誇る料亭「山荘 京大和」が共存。東山の中でも絶好のロケーションを誇る二寧坂の街並みに溶け込むように建つ、低層建築。

これだけでも、そのスーパーラグジュアリーっぷりが分かるかと思います。

というわけで、この超リッチでユニークなホテルの魅力を、私、LEON.JPのタカハシが徹底リポートいたします!

No image

▲東山の中心、二寧坂沿いに溶け込むように建つ「パーク ハイアット 京都」。

No image

▲和の静謐な佇まいが印象的なエントランス。

ちなみに「パーク ハイアット 京都」はホテルではなく、ラグジュアリーゲストハウスと自らを定義しています。

前述した70室という客室数や、プライベート感の強いエントランスは、まさに!という感じです。

正面の門を抜けると、まず目に飛び込んでくる「プリツカーガーデン(叡心庭)」と名付けられた日本庭園。それを手がけているのは高台寺などの庭園修復・作庭で知られる、世界的な作庭家の北山安夫氏。

建物内に入り、ロビーラウンジの扉を開けると、ラグジュアリーな高原リゾートのような、ウッディでくつろぎ感のある、ラウンジ「ザ リビングルーム」が広がります。和から一転する、この雰囲気も素敵!

ラウンジを抜け、中間にある棟から、エレベーターで5階へゆくと、「山荘 京大和」の日本庭園が眼前に広がるティーラウンジが!

そして振り返ると、エレベーターホールの先には東山の街並みと八坂の塔が!

さらに客室棟へ向かうと、脇に再び「山荘 京大和」の庭園が!

客室棟へ入ると、今度はプライベートなライブラリーまで!

もう移動するたびに素敵ゾーンと景色が現れます。

移動がこんなにも楽しめる、都市部のラグジュアリーホテルって今まで出会ったことがありません。

最も敷地奥にある客室とエントランスは3棟をまたぐため、時間がかかるのですが、それが苦になるどころかむしろ移動したくなる、そんな素晴らしい建物の配置構造です。

No image

▲山荘 京大和の庭園が眼前に広がる5階のティーラウンジ。

素材の温もりと、美しい庭園に囲まれた大人の空間

無垢のタモ材や、御影石などの建物の建材も素晴らしく、そのおかげか本物の素材でしか出せないであろう、凛とした空気感が館内には漂っています。

京都のなかでもとりわけ歴史的な景観を残す東山にこれだけ馴染んでいる理由の一端を、そんな建材へのこだわりからも感じました。

客室も本当に素晴らしく、今回宿泊した部屋はプライベートな庭園付き!

しかもそのマイ庭を二面の大きな窓ガラスで楽しめる仕様。部屋にいながら、庭園にいるかのような感覚を味わえる、最高に贅沢なお部屋でした。

そんな具合で、エントランスから客室まで移動しただけであっという間に虜になってしまった「パーク ハイアット 京都」ですが、そのポテンシャルはまだまだそんもんじゃありませんでした。

そう、食です!

No image

▲今回筆者が宿泊したガーデンテラスキング。二面に大きな窓になっていて、プライベートな庭園を楽しめる。

No image

▲二寧坂スイート、独立したリビングとベッドルームがあり、窓の外には東山の街並みが広がる。

dining

和の息吹がモダンに昇華する、4つの極上ダイニング

パーク ハイアット 京都には4つのダイニングがあります。

まず、前述したラウンジスペース「ザ リビングルーム」そして、ホームスタイルカフェと銘打つ「KYOTO BISTRO」、シグネチャーレストランの「八坂」と、バー「琥珀」です。

No image

▲無垢のタモ材を使用した「ザ リビングルーム」。

まず、「ザ リビングルーム」。

ここは本当にゆったりくつろげるんです。暖炉とタモ材の香りでいつのまにかうつらうつらしちゃうほど。

自宅のリビングのように安らげる場所を目指したそうで、本当にず〜っと居たくなるラウンジでした。

で、ここでおすすめしたいのが日本茶とペアリングで楽しめるコース仕立てのアフターヌンティー。

中でもシグネチャーの最中は、絶対味わいたい逸品です。

No image

▲こんがりと焼き上げたブリオッシュにパルメザンチーズのムースとたっぷりのキャビア、そして九条ネギなど野菜をふんだんにつかった冬野菜のテリーヌ。そして家紋入りの最中にはバニラやシナモンをあしらったスパイスアイスとプラリネのクリームをサンド。

お次は「KYOTO BISTRO」。

メインダイニングといえる、こちらは二寧坂にもエントランスがあり、地域の方たちも気軽に利用できるような配慮がされているのが特徴。滞在中は地元の方がリラックスしながら食事をしている姿も多く見かけました。「パーク ハイアット 京都」が地域との繋がりを何より大事にしていることが伝わります。

オープンキッチンで供されるメニューは山椒が香るボロネーゼだったり、ほどよく和のアレンジが効いています。

そして朝ごはんが素晴らしい!

特に「山荘 京大和」の和朝食は大おすすめです。

No image

▲モダンなオープンキッチンでは、美しい所作でシェフが調理している様子も楽しめます。

No image

▲二寧坂からのエントランス。京都の街並みに溶け込んでいます。

No image

▲山椒を効かせたボロネーゼ。自宅で楽しめるパックも販売されています。

No image

▲山荘 京大和の和朝食もオーダーできます。(要予約)

そしてシグネチャーレストランの「八坂」!

ここでは本当に驚きの体験が待っています。

オープンキッチンの鉄板料理は、いわゆる鉄板焼きとはまったく次元の違うもの。

目の前には八坂の塔と東山の街並み。夕方には刻々と変わっていく夕陽のショーにうっとりしながら、フランスの数々のレストランで研鑽を積んだ久岡寛平料理長のフレンチの技法を使った鉄板料理を堪能できます。

スペシャリテのパンケーキは絶対に味わって欲しい逸品!

No image

▲フレンチと和の融合した芸術的な料理が鉄板で仕上げられていく。

No image

▲八坂の塔と東山の景色を堪能できる、素晴らしいロケーション。

No image

▲スペシャリテのパンケーキは、キャビア、雲丹、海老が盛られた超絶な一品。

そしてバー「琥珀」

今回は「山荘 京大和」の送陽亭でのスペシャルプランで供されるカクテルをいただきました。

もちろん「琥珀」の女性ヘッドバーテンダーによるものです。

それがまた最高!

京都蒸溜所とコラボレーションした「パーク ハイアット 京都」、オリジナルジン「季の美青龍」をベースにした、「山荘 京大和」とのコラボカクテル「The Gardens」や、松本酒造守破離ID591(こちらもホテルオリジナル)に季節の柑橘を加えた「The KYOTO Experience」。

送陽亭からの眺めと雅な味わいのカクテルとのペアリングは、本当に素晴らしかったです。

No image

▲バー「琥珀」京都東山の景色を堪能できる、最高のシチュエーション。

No image

▲スペシャルプラン「プライベートカクテルタイム」の舞台となるのが、山荘 京大和「送陽亭」。その名の通り、東山の景色と沈みゆく夕陽を眺められる最高の眺望。

No image

▲スペシャルプラン「プライベートカクテルタイム」は、「山荘 京大和」の「送陽亭」を夕暮れ時の1.5時間貸切り、「琥珀」のヘッドバーテンダー中村晃子さんによるオリジナルカクテル4種を味わえるというラグジュアリーなプラン。

開催期間:3月31日まで

プラン料金:2名 6万8310円 ※ご宿泊のお客様のみお楽しみいただけるプランです。

予約:075-531-1234(3月23日まで)

STAY Plan

ライカとのコラボで生まれたラグジュアリーな宿泊プランとは?

No image

▲祇園にある「ライカ京都店」。町家をそのまま改装した世界的にも珍しい路面店。

たっぷりと「パーク ハイアット 京都」の魅力を伝えてきましたが、今回のトピックは実はここから。2021に開業二周年を迎え、登場したユニークでラグジュアリーなステイプランがあるんです。

その名も「ライカコラボレーション・パッケージ プレミアムプラン」!

そう、あのライカとのコラボレーションプランなんです。

「パーク ハイアット 京都」が共生する東山という最高のロケーションをライカで自由に撮ってもらおう、という素敵すぎる企画。

しかも、プロのレクチャーまで付いちゃうんです。

No image

▲プラン参加者に貸し出される「ライカQ2」。操作しやすく、初心者でも扱いやすいのに、ライカらしい画が撮れることで人気の機種。モノクローム専用モデルがあることも特徴。

レクチャーしてくれるのは国内外で活躍する写真家の大杉隼平さん。

実際にご一緒させていただきましたが、さりげなく的確に教えてくださるので、写真撮るのがとにかく楽しくなります。

さらにさらに、そうして撮影した写真を、150年前から今に続く超レアな印刷方式「コロタイプ印刷」でプリントし額装までしてくれるんです。

編集歴30年の私も初耳だった、この「コロタイプ」は、非常に精細な再現性があるため国宝級の美術作品の複製保存や、世界の著名な写真家に支持されている、というこれまたラグジュアリーな印刷様式なんです。

No image

▲明治20年創業し、一世紀にわたりコロタイプ印刷を継承・進化させてきた老舗「便利堂」。こちらで、プラン参加者は自分でプリント体験をできる。

No image

▲筆者が実際に「ライカQ2モノクローム」で撮影した写真。黒の階調が美しい。

No image

▲大杉さんに指導されながら撮影した写真。反射を利用した美しい構図などプロならではのアイディアでこんなに素敵に。

この贅沢すぎるプランを二泊三日体験させていただいての感想は「とにかく楽しかった」です。

カメラを持って東山の街を歩いていると、どんどん童心に帰ってゆき、気づけば夢中でシャッターを切りまくっていました。一緒に回っていた方達も同じように夢中になっている様子でした。最終日の「便利堂」でのコロタイプ印刷でも、みなさん熱中していたのが印象的です。

あんなに夢中になれる時間って最近なかなか無かったなぁ、と今振り返っても思います。

「パーク ハイアット 京都」がなぜ本物志向の大人に指名されるのか?

その理由は、そこに地域と共生しながら、文化を作ろうとしているから、なんだと強く感じた次第。

未体験の読者貴兄には、ぜひその魅力を体験していただきたいと思います!

『ライカコラボレーション・パッケージ プレミアムプラン』

商品概要:大杉隼平氏によるフォトグラフィーセッション、ライカ京都店訪問、便利堂でのコロタイプ印刷体験を含む2泊3日プラン。

※日時指定のプランになります。詳しい実施時期はお問い合わせください。

※お申込のゲストにはライカ製のカメラをお貸し出しします。

価格:¥547,950~(2名1室、税・サービス料込み)

オンライン予約

問い合わせ:075-531-1234

No image

大杉隼平

1982年東京生まれ。ロンドンで写真とアートを学ぶ。現在、雑誌や TV、広告、カタログなどで活動する 傍ら、約200人の国内外の役者の宣材写真やアーティスト写真を手掛け、様々なブランドとのコラボレーション、国内外の企業のプロモーション撮影と活動は多岐に渡る。また 2020 年にはCP+主催の 「THE EDITORS PHOTO AWARD ZOOMS JAPAN 2020」では一般投票で最多票を獲得しパブリック賞を受賞。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加