紗栄子、息子をロンドン留学させた理由「居場所がなかった」

紗栄子、息子をロンドン留学させた理由「居場所がなかった」

  • モデルプレス
  • 更新日:2023/01/25

【モデルプレス=2023/01/25】タレントの紗栄子が、24日放送のカンテレ・フジテレビ系ドキュメンタリー番組『セブンルール』(毎週火曜よる11時~)に出演。2人の息子を留学させた理由や子育てで大切にしていることを語った。

No image

(写真 : 紗栄子(C)モデルプレス)

【写真】紗栄子、イケメン息子の写真公開

◆紗栄子、息子たちに留学を選んだ理由

20歳で結婚、25歳でシングルマザーとなり、6年前から2人の息子をロンドンの学校に留学させている紗栄子。取材期間中、息子たちはロンドンから日本に一時帰国し、紗栄子とボーリングを楽しんだ。

「どこにパパラッチがいるかわからなかった」と話した紗栄子は「子どもたちと一緒に歩くと一緒に撮られちゃって居場所がなかった」と日本での生活の息苦しさがあったという。そのことから紗栄子は、2人の息子が安心して暮らせるよう、ロンドンの「全寮制の学校」への留学を選択したと語った。

◆紗栄子、息子への声掛け「めっちゃ褒める」

息子たちとボーリングに「よく行く」という紗栄子は、息子たちに「いい感じ!上手!」「めっちゃ上手になった」「本番に強いじゃん!」と1投1投声をかける様子も。「声かけはすごい意識している」という紗栄子。

「うまく行ったことをめっちゃ褒めるようにしています」「必要以上に褒めちぎる」と息子たちとの関わり方で大切にしていることを告白した。紗栄子は「本人が結果で判断しがちだから、私はそうじゃないところで彼らのいいところを見つけたい。それをしっかり褒めてあげたい」とも語った。

ボーリングの結果に納得のいかない二男へは「もう1ゲームやる?」という声掛けも。紗栄子は「良い結果はどこかで出るから」と納得するまで挑戦させているという。

そんな母・紗栄子について二男から「ママは優しいお母さんで…めちゃくちゃ優しい!ずっと応援してくれる」とコメントされると、紗栄子はにっこりと嬉しげに。ロンドンに帰国の日に二男が「もう行くの?」と寂しがる様子もあり、紗栄子は「すごい最後は不機嫌で…。飛行機はずっと寝てるのかな」と離れて暮らす息子たちを心配する母としての姿があった。(modelpress編集部)

情報:カンテレ・フジテレビ

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加