今夜、浜辺美波×横浜流星「わたどう」第6話!運命の茶会が始まる

今夜、浜辺美波×横浜流星「わたどう」第6話!運命の茶会が始まる

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2020/09/16
No image

椿の表情が意味するものとは…? - (C) 日本テレビ

浜辺美波横浜流星が共演する日本テレビ系のドラマ「私たちはどうかしている」の第6話が、今夜16日よる10時から放送される。運命の茶会が開かれ、椿(横浜)が、七桜(浜辺)の正体を知ることになる。

本作は、老舗和菓子屋・光月庵の跡取り息子である椿と、修行中の和菓子職人である七桜が、複雑な恋愛模様を繰り広げるさまを描く。七桜は、15年前に起こった光月庵の若旦那・樹(鈴木伸之)の殺害事件によって、殺人容疑をかけられたまま亡くなった母親・百合子(中村ゆり)の無実を証明しようと、正体を隠したまま再会した椿のプロポーズを受け入れ、光月庵に乗り込む。

第6話では、椿の祖父で光月庵の大旦那(佐野史郎)主催の茶会が開催される。七桜は、茶会後、一年に一度だけ錠が解かれる樹の部屋に入り、樹の着物を愛おしそうに抱きしめる椿の母親・今日子(観月ありさ)を発見。15年前の記憶がフラッシュバックした七桜は、事件のことを問い詰める。

七桜の瞳が百合子と重なって見えた今日子は、憎悪を爆発させる。そして、ついに七桜は自分の正体を明かすが、その言葉を椿が聞いていた。一方、屋敷では火事が発生。行方不明の大旦那を捜そうと部屋を出て行こうとする椿に、七桜は「ここで椿を待ってるから」と告げる。(編集部・梅山富美子)

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加