抗議活動行うファンがオールド・トラフォードに乱入...マンU×リバプールのキックオフが遅れる

抗議活動行うファンがオールド・トラフォードに乱入...マンU×リバプールのキックオフが遅れる

  • ゲキサカ
  • 更新日:2021/05/03
No image

2日に開催されるプレミアリーグ第34節マンチェスター・ユナイテッドリバプールが行われるオールド・トラフォードにファン・サポーターが乱入し、キックオフが遅れている。

4月18日に欧州スーパーリーグ構想が発表され、ラ・リーガ、セリエA、プレミアリーグの強豪クラブの多くが参加を発表する中、マンチェスター・Uも参加を表明。しかし、UEFAやFIFA、各国協会、他クラブ、サッカー関係者、著名人から多くの批判が続出し、2日後の20日にはプレミアリーグから参加を発表していた6クラブが撤退を表明する事態となった。

しかし、ファン・サポーターはクラブのオーナーへの不信感を募らせており、各クラブのサポーターが抗議。マンチェスター・Uでは22日にクラブ施設に押し入り、「グレイザーアウト」と書かれたバナーを持って抗議していることが報じられていた。

英『スカイスポーツ』によると、リバプール戦は午後4時半にキックオフ予定だったが、グレイザー家に対する抗議活動を行う数百人のファン・サポーターがオールド・トラフォードに乱入。ピッチ上で抗議活動を行ったことでキックオフ時間は遅れているという。

この試合でマンチェスター・Uがリバプールに敗れると、マンチェスター・Cの2年ぶり7度目のプレミアリーグ制覇が決まる状況となっている。

●プレミアリーグ2020-21特集

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加