NFTコンテンツの売買で得た利益はどのように課税されるのか?

NFTコンテンツの売買で得た利益はどのように課税されるのか?

  • @DIME
  • 更新日:2022/01/14
No image

2021年10月末時点で、国税庁はNFTの課税について正式見解を発表していない。そこで同庁が2020年12月18日付けで発表した「暗号資産に関する税務上の取扱いについて」を中心に、どのように課税されうるかを推測していこう。論点は所得税が「いつどのようなタイミングで課税されるのか」また「取得の種類は仮想通貨と同じ雑所得なのか」だ。

まずNFTは仮想通貨と同じく扱われるのか。資金決済法第一章第二条5項には、仮想通貨(暗号資産)について〈対価の弁済のために不特定の者に対して使用する(後略)〉ことができるものと示されている。NFTはこれに当たらないため、仮想通貨とは扱いが異なる可能性が高いため、仮想通貨と同じ「雑所得」ではなく、「譲渡所得」で計算するのが良いのでは、との見方が強い。また、仮想通貨は他の仮想通貨と交換した時点で課税対象となるが、NFTが仮想通貨に当たらないなら購入時点での課税計算は不要だと考える見方もある。

NFTの課税はどうなる?

●NFTを購入したときは課税対象にはならないかも
●売却した場合には利益分が課税対象に
●NFTの売買で得た利益は譲渡所得で計算する可能性大

副業でNFTクリエイターとして活動する場合の注意点

NFTを個人事業主として販売した場合、その売上高は、販売時点の日本円換算額を計上する。しかし、年内にその仮想通貨を日本円に交換した場合は、交換時点の価格を計上する。例えばNFTがETH1枚で売れたとして、その時点で1ETH=10万円だったとすると、売上は10万円。その後、1ETHを20万円で売却した場合は、売上高を20万円として計上する必要がある。

2022年は賢く稼ぐ!新時代のマネートレンドを完全網羅した「DIME MONEY 投資の強化書2022」

世界情勢が刻一刻と変化する今、世の中がどう変化しようと自分の力で本質を見抜き、自分に合った方法で資産形成をしていく必要性を感じている人も多いでしょう。本誌ではビジネスパーソンのためのライフハックマガジンとして積み上げてきた知見を生かし、株だけでなく、仮想通貨やNFT、DeFiといった昨今のニュースをにぎわす〝新しい資産〟についても解説していきます。経済誌やマネー誌とも違った視点で、投資を考える一冊です。新時代の資産形成の羅針盤としてお役立てください。

No image

※オンライン書店は完売しております。お近くの書店でお買い求め下さい。

No image

取材・文/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加