学童集団疎開 時代に翻弄された子どもたち

学童集団疎開 時代に翻弄された子どもたち

  • チューリップテレビ
  • 更新日:2022/08/06

富山市で戦争の悲惨さを語り継ぐ会

柴田恵美子さん:
「一人が泣くとみんな泣く。家族を思い出して」

【写真を見る】学童集団疎開 時代に翻弄された子どもたち

富山大空襲77周年のつどいで語られたのは戦時中に県内へ『学童集団疎開』を余儀なくされた子どものたちの不条理な真実です。

講演会では東京から県内におよそ1万5千人の子どもたちが疎開していたことや食料不足が深刻となり「ドジョウやイナゴ」を食べていたことや、栄養失調や病気のため疎開中に亡くなるケースがあったことなど戦争に翻弄された子どもたちの悲惨な現実が話されました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加