運動が少ない児童は四肢の筋肉量が減少しやすいことを名大などが確認

運動が少ない児童は四肢の筋肉量が減少しやすいことを名大などが確認

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/06/14

愛知県三河青い鳥医療療育センター(青い鳥医療療育センター)と名古屋大学(名大)は6月11日、小学生の「身体活動」と「四肢骨格筋量」との関係を調べ、身体活動が少ない児童は四肢骨格筋量が減少しやすいことを明らかにしたと発表した。熊本大など、「筋幹細胞」の位置記憶は胎児期から保持していることを発見

同成果は、青い鳥医療療育センター 三次元動作解析室の伊藤忠動作解析専任研究員(名大大学院 医学系研究科

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加